Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

70年前から同じカタチ! ポルシェ911が姿を変えない理由とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

70年前に登場した初代から大きく形を変えていない!

 スポーツカーメーカー、ポルシェの代名詞と言えば911。そのスゴいところは、デビューした1963年から基本フォルムを変えることなく今に至っていることです。70年近くも前に出た初代モデルと現行型が、サイズこそ違えど何も知らないひとにもわかるくらい同じカタチをしたクルマって、スポーツカーであれセダンであれほかには皆無ですから、これは驚くべきことですよね。 【写真】ポルシェ911の走り!  しかも911は、今なおスポーツカーのベンチマークとして君臨し続けているのですから、ますます感心させられるばかりです。一体なぜ世界で911だけが、基本フォルムを変えることなく長年作り続けられ、そして進化し続けることができているのでしょうか?  無論、ファンの期待に応えるために変えない、変えられないという側面があるのは確かです。実際、ポルシェは過去に928や924など、次期主力と見据えた違ったカタチのモデルを世に出してきました。しかし結局カリスマ的な存在の911に置き換わることはできず、ポルシェも80年代には腹を括って、911を柱として力を注いでいくと改めて決断します。  そして911は、誰もがひと目でそれとわかるデザイン、そしてハードウェアの基本的なレイアウトは変えないまま進化を続けてきました。現行の形式名992は、通算8世代目の911となります。さらに、ポルシェはむしろ911のイメージを活かしたボクスター、カイエンなどの新カテゴリーの車種を投入することで、今に至る大成功を実現するのです。  もちろん、見た目だけが911のあのカタチの理由ではありません。

RRと水平対向エンジンの組み合わせで時代を生き抜いてきた

 911がずっと911のままで居ることができたのは、優れたメカニカルパッケージングによって時代を生き抜いてきたからです。  ご存知の通り911は、356の時代から続くリヤエンジン・リヤドライブレイアウト=RRを基本としています。リヤ荷重の大きさゆえに後輪のトラクション性能を高めやすく、実用的な4座レイアウトも可能になるのが、その美点。基本設計を変えずとも大幅なパワーアップに耐えられたのは、まさに911がRRだったからにほかなりません。  忘れてはいけないのが、リヤエンジンと、やはり911の特徴である水平対向エンジンはセットだということです。水平対向エンジンは幅は取るものの高さが抑えられるため、低重心化を実現できます。リヤエンジンで操縦性が成立するのは低い重心あってこそ。ですから、リヤエンジンレイアウトと水平対向エンジンは、最初から一体で考えられていたわけです。  背の低い水平対向エンジンをリヤに積むレイアウトのおかげで911は、ルーフ以降なだらかに低くなっていくリヤデザインを実現できました。当然、エンジンがないのでフロントフードは低くなり、ライトの位置は照射性能や法規に合わせて高めに。つまり太もものようなフロントフェンダーの峰が生まれます。  極端にいえば911のデザインは、特徴的な中身のハードウェアに薄皮を被せただけと表現できるでしょう。カタチ優先ではなくハードウェア優先。そのハードウェアが高い実力を持ち、独特のドライビングプレジャーも備えるならば変更する必要はなく、つまりカタチも変える理由はありませんよね?  長く愛されるデザインには、ちゃんと意味がある。最新のタイプ992を見ても、そこに改めて納得させられてしまうのです。

島下泰久

【関連記事】