Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サカナクション山口一郎 10代の声から予測するコロナ後のカルチャーシーン

配信

TOKYO FM+

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。番組で募集していた「STAY HOMEで変わった音楽のこと」という“宿題”について、届いたメッセージを紹介し感想を語りました。 (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」5月8日(金)放送分)

山口:4月7日に緊急事態宣言が出てから1ヵ月が経ちました。しかも延長になりましたね。これはちょっと只事ではなくなってきましたけれども……。生徒の皆さんも休校になったり、不要不急の外出を避けるために自宅にずっといるっていう……受験生とかも自習になっているっていう、想像できない時代が訪れています。 ライブも……2月末からほとんどが延期、中止になっていて、CDのリリース自体も延期するところが増えていますね。これは、ライブ業界、エンターテインメント業界が事前にライブを延期や中止にしたおかげで、感染者が大幅に減ったんじゃないかっていう声もあって……1億何千万人の動きを止めたらしいんですよ。その辺は、音楽業界は対応ができたのかなと思っています。 そんな今までとは違う日々の中で、生徒の皆さんの音楽との関わりがどう変化したのか、届いた宿題を紹介していきたいと思います。 【私は今休校中で、いつもあまり話さない弟と話すようになりました。弟が大好きで、おすすめしてくれたサカナクションに衝撃を受け、YouTubeでライブ映像の配信を見て、もう、くらったという感じです。毎日つまらないと思っていたけど、サカナクションを1日中聴いているし、毎日インスタライブやラジオや土曜日のライブ配信を楽しみに頑張っています。サカナクションを聴くとワクワクもしますし、心がグッてなります。孤独も感じるのに何故か居場所になってくれているんじゃないか、みたいな感じです。サカナクションに出会えたのが私の新しい音楽との出会いです。いつか絶対ライブに行きます。(17歳女性)】 山口:この、“弟とあまり話さなかった”のが、STAY HOMEによって話すようになったっていうのは……なんか微笑ましいというか、すごい良いことですよね。で、弟からサカナクションを知って、サカナクションのライブ映像を見てはまったっていうのは……このSTAY HOME中に家族との絆が深くなり、且つ、新しい音楽と出会ったっていう。これは大きなことだと思いますね。サカナクションは今毎週土曜日にLIVE映像を配信していて、次の土曜日で最後になるのかな? なんですけど、そこで新しいファンが増えているんですよ。で、前回、歌詞表記をしたんですね。そしたら、「歌詞が見られてよかった!」っていう人がたくさんいて。なるほど、こういう風にみんな家にいて、普段、サカナクションは食わず嫌いだったけど聴いてみたら良いんだって思ってくれている人が増えているっていうのは、他のミュージシャンもどんどんやるべきだなと。みんなの時間を音楽にたくさん使ってもらえるように、このSTAY HOMEの時間を音楽一色にできたら良いなと思いますね。みんなテレビを見ないでオンラインでライブを観ているわけですからね。それはすごいことだなと思いますね。

【関連記事】