Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルス対策 窓口に行かなくてもできる銀行の手続きとは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、できるだけ人が多くいるところには行きたくないですよね。 仕事や生活のために銀行窓口でお金の手続きを行いたい方もいるかもしれませんが、多くの手続きはオンラインや電話でも行うことが可能です。感染拡大を防ぐためにも、便利な銀行のオンライン手続きを活用していきましょう。

日本の銀行窓口の現状

緊急事態宣言が出されていた期間中、日本の大手銀行窓口への来店客数は、大きくは減少していなかったようです。ロイターニュースによると、テレワークで時間ができたために、硬貨の入金や通帳の再発行など、逆に普段なかなか銀行に行くことができない顧客が増えたという情報もあります。 銀行は私たちの生活基盤を支える大事な機関の1つなので、緊急事態宣言が出された後も営業を続けていました。 従業員がマスクを着けたり、窓口にビニールカーテンを付けたり、混雑時には入店できる顧客数を制限したりと、さまざまな感染予防対策が行われていましたが、やはり人が集まってきてしまうと感染リスクが高くなってしまいます。

オンラインで行うことができる手続き

そこで、ぜひ活用をしたいのが、銀行のオンライン手続きです。現在のところ、私たちが日常的によく使う銀行サービスのほとんどがスマートフォンのアプリやパソコンから利用することが可能です。 例えば、三菱UFJ銀行の場合、オンラインサービスである「三菱UFJダイレクト」を利用すると、振り込み、振替、税金や公共料金などの振り込み、投資信託の口座開設や購入・売却などを行うことが可能です。 外出自粛中に家を整理していて判明した通帳の紛失や、通帳の再発行・利用開始、忘れていた住所変更手続きなども、三菱UFJ銀行のスマートフォンアプリ「かんたん手続アプリ」で行うことができます。 また、三菱UFJ銀行では住宅ローンに関する相談も、インターネット(24時間)や電話(午前9時から午後5時)で利用することが可能です。直接会話をすることができる電話は、お金の不安がある人にとっては心強いですね。

【関連記事】