Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

基準値100倍のレジオネラ菌…戸田の保健施設 男性が肺炎に 94人が入所 安全確認し、再開急ぐ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県戸田市は9月30日、同市美女木の「市立介護老人保健施設」で入所者の男性(64)がレジオネラ肺炎を発症し、入所者用機械浴槽の5台のうち1台から基準値の100倍のレジオネラ属菌が検出されたと発表した。 越谷レイクタウンの飲食店で食中毒…鶏もも串など食べた男女5人 カンピロバクター検出、営業停止に

 男性は16日から市内の医療機関に入院し、17日にレジオネラ肺炎と分かった。現在は回復している。  浴槽は18日から5台全部を使用停止し、水の検体を採取。25日に1台の汚染が分かり、27日に専門業者による施設の洗浄を実施、30日に県の指導を受けた。市は安全確認の上、なるべく早く浴槽使用を再開する方針。同施設は医療法人健秀会が指定管理者で、94人が入所している。

【関連記事】