Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石川県内、大雨の恐れ 白山市に警報、災害警戒

配信

北國新聞社

 6日の石川県内は、梅雨前線の影響で雨が降った。金沢地方気象台によると、県内は7日にかけて大気の状態が不安定となり、1時間降水量が30~40ミリに達する大雨が降る恐れがある。同気象台は、白山市に大雨警報を出した。

 24時間降水量は、多い所で7日午前6時までに加賀150ミリ、能登100ミリ、8日午前6時までに加賀100~150ミリ、能登50~100ミリを予想している。同気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。

 国土交通省金沢河川国道事務所や石川県は今後の大雨の影響を注視している。県危機対策課は気象警報発令時には、土木部と情報共有して24時間態勢で対応に当たる。担当者は「最新の気象情報に注意し、洪水などのハザードマップをいま一度確認してほしい」と話した。

北國新聞社