Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「旅と暮らしの両立」はもう夢じゃない? テレワーク×柔軟な住居サービスで叶える、もっと自由な暮らし方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

新型コロナウイルスによる自粛により、世界中の多くの企業でテレワーク(在宅勤務)の導入が進んでいる。ZoomやMicrosoft TeamsといったWEBシステムを活用したビデオ会議やオンライン商談、オンラインインタビューも一般的になりつつあると言えるだろう。 緊急事態宣言の解除後はオフィスに人が戻り始めているものの、一部の企業では今後もテレワークを継続する意思を表明。Twitter社は「希望する社員は恒久的にテレワークを認める」と、日本大手のカルビーでは「7月以降も原則テレワークを続け、業務に支障がなければ単身赴任も解除して家族と同居できるようにする」と発表し、話題を呼んだ。 驚異的なスピードで働き方が変化するにつれ、より柔軟な暮らし方の選択肢も増えている。今回は、「多拠点居住」や「旅するような暮らし方」を叶えてくれる独自サービス3つを紹介する。

1.外泊した分だけ割引される「unito」

頻繁に移動する暮らしをしたいと考えるとき、もっともネックになるのが「家賃」と「荷物」だろう。2020年2月にローンチした「unito」(ユニット)では、その2つの課題を解決に導くような配慮がされている。 最大の特徴は、外泊した分だけ家賃が割引される「「Re-rent(リレント)」機能で、これは日本初の料金システムだという。

例えば、ベッド・デスク・クローゼット・冷蔵庫・Wi-Fiが完備された渋谷の個室(上の写真の部屋)に滞在し、月に10日外泊した場合の家賃は以下のとおりだ。 134000円(元家賃)ー45000円(割引)=89000円(最終家賃) 1泊4500円として外泊分が割り引かれ、最高で15日まで外泊ができるとのこと(借りる部屋により諸条件は異なる)。よりお得なドミトリー(ポッド)タイプの部屋は、78000円から用意されている。なお、初期費用は別途となる。 外泊している間、その部屋をホテルとして貸し出すことで、外泊割引のシステムを実現しており、シェアハウスとAirbnbを融合させたようなサービスだ。

【関連記事】