Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次の選挙の注目区!「泉田vs米山」の新潟5区を占う

配信

週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、注目される新潟5区の選挙について語る。 (この記事は、7月20日発売の『週刊プレイボーイ31・32合併号』に掲載されたものです) * * * 次の総選挙で、新潟5区を舞台に私の知人同士が議席を争うことになりそうだ。前新潟県知事の米山隆一氏が7月10日に出馬を表明、前々県知事で現職の泉田裕彦衆院議員との一騎打ちが予想されるためだ。 私は米山氏と作家・コラムニストの室井佑月(ゆづき)さんとは以前から交友があり、ふたりの間を取り持つ縁にも恵まれた。一方、泉田氏は経産省の後輩で、机を並べて仕事したこともあるし、知事時代も応援させてもらった。 衆院選で同じ県の元知事同士がひとつの議席を争うケースは珍しい。新潟5区は全国有数の注目選挙区になるだろう。そんな選挙区で知人同士が壮絶な戦いを繰り広げると思うと、いささか複雑な気持ちになってしまう。だが、私情にとらわれても仕方ない。私なりに新潟5区の選挙の行く末を占ってみたい。 まず米山氏。知事就任後、わずか1年半で女性スキャンダルを起こして途中辞任しただけに、当時の米山氏の評価は散々だった。しかし、スキャンダルを起こした政治家の多くが、往生際が悪いのに比べて、潔くスピード辞職したことが傷を浅いものにした。しばらくの謹慎期間を経て、最近は積極的にSNSなどで発信を続け、今ではメディアでも注目の論客となっている。 さらに前述したように、室井さんとめでたく入籍、室井さんがツイッターなどで盛んに「ヨネちゃんって、本当に頼りになるの」などとのろけ交じりでつぶやくこともあって、世間からは「意外といい人なのかも?」という再評価を得つつある。 そんな上昇機運にある米山氏をテレビ、ラジオで人気の室井さんが応援すれば、かなりの得票が見込める。実際、米山氏が出馬を表明するや、新潟県内ではリベラル層や原発反対派などを中心に、ラブコールが起きているそうだ。 一方、3期の知事任期をそつなくこなした泉田氏には大きなスキャンダルはなかった。

【関連記事】