Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』特別映像公開 主題歌担当BTSのコメントも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 吉高由里子と横浜流星がW主演を務める映画『きみの瞳(め)が問いかけている』より、BTSが手がける主題歌「Your eyes tell」の特別映像が公開された。 【動画】『きみの瞳が問いかけている』主題歌「Your eyes tell」特別映像  本作は、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『ホットロード』の三木孝浩監督最新作となるラブストーリー。  不慮の事故で視力と家族を失ったが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る柏木明香里が、管理人のおじさんと間違えて話しかけたのは、篠崎塁という男だった。彼はかつて将来を有望視されたキックボクサーだったが、過去のある事件をきっかけに未来を失い心を閉ざし、今や日雇いのバイトで食いつないでいた。その後も時々やってきては、屈託なく話しかけてくれる明香里の笑顔に、塁は次第に心を開いていく。ほどなくして惹かれ合う2人だったが、やがて自分の過去が、明香里の失明した事件と接点があったことを知った塁は、明香里の目の手術代のため、高額な賞金が賭けられた不法な賭博試合のリングに再び立つことを決意する。  吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、明るく健気に生きようとする女性・明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったものの、過去の事件によって心を閉ざし、今は日雇いバイトで食いつなぐ毎日を送る無口な青年・塁を演じる。  公開されたのは、本作のメガホンを取った三木監督自ら、映画のシーンを主題歌にのせて編集した1分の特別映像。BTSのJUNG KOOKが作曲したメロディと、本作を観て書き下ろされた「なぜ、こんなにも涙が溢れるの」という切なる問いかけに始まる歌詞にのせ、2人が出会い、ささやかながらも幸せな日々を大切に思う様子や、明香里の笑顔を守るために、塁が選んだ悲壮な決断が描き出されていく。  三木監督は、主題歌映像を編集するうえでのこだわりを「歌詞が横浜流星くん演じる塁の目線を意識して書かれているので、寡黙な塁の想いが少しでも伝わって、映画を見た時により共感してもらえるよう意識して編集してみました」とコメント。  監督は初めて主題歌のデモテープを耳にした瞬間を「メロディの美しさ、声の艶やかさに、聴いた瞬間鳥肌が立ちました」と振り返り、「完成した楽曲は、キャラクター達に寄り添い、映画の世界観をさらに壮大に広げてくれる素晴らしい歌になったと思います」と太鼓判を押した。  また、本映像の見どころについて「本当に素敵な曲なので、画を当てていく作業がめちゃくちゃ楽しかったし、フルコーラスで作りたかったです。でも、フルコーラスはぜひ映画館の大音量で映画とともに聴いていただきたいので、お楽しみは劇場で!ということで(笑)、短い映像ではありますが、映画本編への期待を膨らませつつ公開をお待ちいただけたら嬉しいです。実は映画の本編中『Your eyes tell』がエンドロール以外にも流れるところがあって、シーンによって印象が違って聴こえるのも見どころの一つなので、ぜひ楽しみにしててください!」と明かしている。  また、映像内では、BTSからの「ニューアルバムに収録される『Your eyes tell』の特別映像ができました。映画の映像をたっぷり使ったこの映像は、映画の監督でもある三木監督が作ってくれました。是非ご覧ください! 」というコメントも収録されている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】