Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長いオフを有効活用して『充電完了』の渡嘉敷来夢、Wリーグ開幕へ意欲「伸びしろしかないし、バリバリやりたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「大きい選手はできない、を覆したい」

取材=佐保めぐみ 構成=鈴木健一郎 写真=ⓒWリーグ、鈴木栄一、野口岳彦 Wリーグの新シーズンは9月18日、ENEOSサンフラワーズvs富士通レッドウェーブで開幕する。連覇を続ける『女王』、JX-ENEOSサンフラワーズはENEOSサンフラワーズと名前を変えての新たな船出となるが、ディフェンスから走る王道のスタイルは変わらない。日本のエースにしてENEOSを引っ張る渡嘉敷来夢は、この新たな挑戦のために長いオフを有効活用してきた。もともと自信はあるが、今回はいままで以上に充実している。「日本でトップでいることは当たり前」と語る渡嘉敷は、どこまでも上を見据えながら挑戦し続けている。 ──昨シーズンが途中で終わり、代表活動もなくなりました。長い長いオフをどのように過ごしましたか?  自分としっかり向き合う良い時間になりました。リーグが中断した時から自分のパフォーマンスを上げることを考えて、ウエイトトレーニングとシューティングに時間を費やしました。またケガのあった足首の動きを確認して、そこに痛みが出るということは他が上手く使えていないと思ったので、そういうケアやトレーニングもできました。 誰に対しても与えられる時間は同じで、それこそチームメートを見ても時間の使い方は人それぞれだったんですけど、自分はこれまで、代表活動でオールシーズンずっとバスケットをしていたこともあって、しっかりと身体作りができたのは良かったです。 ──新型コロナウイルスの感染拡大によるシーズン中断でしたが、ポジティブにとらえることができたみたいですね。 そうですね。私は基本ポジティブなので(笑)。 ──では新シーズンはまた今までと違った渡嘉敷選手のプレーが見られそうですか?  毎年、シーズンに入る前には、前のシーズンとは変わった姿を皆さんにお見せしたいと思っています。今シーズンもまた変わった渡嘉敷来夢が見れるんじゃないかって、自分自身も楽しみにしています。 ──でも、日本の女子バスケ界でずっとトップを走っていて、なおかつ変化していくのは難しいですよね?  私が見ているのは世界なので(笑)。日本でトップでいることは当たり前で、みんなが自分を倒す、ENEOSを倒すことを目標にしています。それに対して自分が成長することでENEOSもさらに強くなるし、日本代表もレベルアップすると思って日々やっています。今の自分に満足しているわけじゃないんです。日本でトップでいることがすごいとは思っていないので。 センター部門では自分が一番良い選手かもしれないし、ライバルを誰か一人挙げるとなれば高田(真希)さんですけど、それこそ身近にいるチームメートの岡本(彩也花)が一番刺激的だったりします。身長は低くてもディフェンスは誰よりできるし、誰よりも前を走るじゃないですか。大きい選手はそれができないと思われがちですけど、それを覆したいという気持ちがあります。全部取り入れたいんです(笑)。 昨シーズンでもセンターとガードでスイッチした時にミスマッチになって、ガードが攻めて来る時がありますけど、それはチャンスだと思っています。向こうもチャンスと思っているかもしれないけど、こっちも守れるつもりで「3ポイントで逃げるのか、それとも1対1で来るのか?」と駆け引きしています。って、開幕したら口だけにならないように頑張ります(笑)。 昨シーズンは3ポイントシュートが10本打って1本も決めていないので、打っている本数も少ないけど、もうちょっと決めたかったと思っています。個人的には3ポイントシュートで結果を出したいです。チームとしてはディフェンスから走るバスケをしっかりやること。昨シーズンはできている試合とできていない試合があったので、最初から最後までできるようになりたいです。

【関連記事】