Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【高校】教え子のJ初得点を喜ぶ四中工の伊室監督「予感していた」

配信

サッカーマガジンWeb

6月27日のJ3リーグ開幕戦で、ガイナーレ鳥取FW田口裕也がJリーグデビュー戦で初得点を挙げ、チームの勝利に貢献した。四日市中央工高時代の恩師・伊室陽介監督も、昨年度のエースの活躍を喜んでいる。 今年1月の選手権でベスト8進出に貢献し、現在は鳥取でプレーする田口(写真◎中島光明、石倉利英)

DAZN中継でチェック

 三重県の四日市中央工高(四中工)から今季ガイナーレ鳥取に加入したFW田口裕也は、6月27日のセレッソ大阪U-23とのJ3リーグ開幕戦で控えメンバーに名を連ねた。メンバー入りを知った四中工の伊室陽介監督は、DAZNの生中継をチェック。教え子のJリーグデビューを待ちわびていた。  そのときが訪れたのは64分だった。ただ伊室監督は、ピッチに入ろうとする田口が髪の毛を茶色に染めているのを見て「染めるのは試合に出てからにしろ、と思いましたよ」と笑う。とはいえ、自己主張はプレーでも見られ、登場直後から前線で積極的にボールに絡んだ。84分には右サイドでパスを受けるとドリブルで2人をかわし、エリア外中央から左足でミドルシュート。惜しくも外れたものの、デビュー戦の緊張感は微塵も感じられなかった。  そんなプレーを見ながら、伊室監督の期待は膨らんでいたという。 「入ってからの走りなどを見ていると、気持ち良さそうにプレーしていて、惜しいミドルシュートもありました。『ひょっとして、いけるんじゃないか』と予感していたんです」  88分、予感は現実となる。MFハモンの右CKをニアサイドでヘッドで合わせ、Jリーグ初ゴールを決めた。伊室監督は「田口は、あの場所でマークを外すのがうまいし、ヘッドも強い。本当にうれしかったですね」と声を弾ませる。チームを1-0の勝利に導いた活躍は、すぐさま四中工のスタッフとも共有したそうだ。

セレッソ相手に初ゴール

 伊室監督は、Jリーグ初ゴールを決めた相手がセレッソ大阪U-23だったことにも、特別なものを感じている。田口は三重県出身だが、中学時代は地元を離れ、セレッソ大阪西U-15でプレー。しかしU-18への昇格はならず、地元に戻って四中工に入学した。 「メンタル面で油断してしまうところがあるので、何度もBチームに落としました。最後の方は吹っ切れたのか、良いプレーを見せるようになった」(伊室監督)。昨年度は四中工伝統のエースナンバーである17番を託され、選手権では2得点の活躍でベスト8進出に貢献した。

【関連記事】