Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパーフォーミュラ ・バーチャルシリーズ・SPラウンドのエントリーリスト発表。17台が参戦へ

配信

オートスポーツweb

 5月12日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーションは、5月17日にJ SPORTS 2/J SPORTSオンデマンド/SF公式Youtubeで放映される『JAF認定スーパーフォーミュラ・バーチャルシリーズ スペシャルラウンド』のエントリーリストを発表した。2020年に参戦するドライバーのうち、16人のドライバーと1名の“代役参戦ドライバー”が参戦することになった。  この『JAF認定スーパーフォーミュラ・バーチャルシリーズ スペシャルラウンド』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、序盤戦が開催延期となってしまっているスーパーフォーミュラのバーチャルレースだ。2019年にすでにスーパーフォーミュラSF19が収録されているグランツーリスモSPORTを使って争われる。  今回はグランツーリスモSPORT内の公式レギュレーションのモードである、スポーツモードが使用されるほか、レースディレクターに飯田章を迎え、スーパーフォーミュラオフィシャルアナウンサーを務めるピエール北川アナウンサーの実況、そして土屋武士、グランツーリスモ界のトップドライバーであるYAM23が解説を務める豪華な体制で、5月17日にJ SPORTS 2/J SPORTSオンデマンド/SF公式Youtubeで放映される。  そんなスーパーフォーミュラ ・バーチャルシリーズ・スペシャルラウンドだが、2020年に実際のレースに参戦を予定するドライバーのうち、山本尚貴、ユーリ・ビップス、シャルル・ミレッシをのぞく16人のドライバーが参戦することになった。また、タチアナ・カルデロンの“代役”としてThreeBond Drago CORSEの道上龍監督の参戦が決まり、17台がエントリーすることになった。  すでに各ドライバーとも自宅で練習をスタートさせており、野尻智紀(TEAM MUGEN)はSNSでなんとハンドルコントローラーではなくコントローラパッドを使っていると公表。他ドライバーが驚くなど、はやくもレースへ向け戦いがヒートアップしつつある。どんなレースになるのか、今から楽しみなところだ。 JAF認定スーパーフォーミュラ・バーチャルシリーズ スペシャルラウンド エントリーリスト No/Driver/Team/Engine 1/ニック・キャシディ/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/TRD TRD01F 36/中嶋一貴/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/TRD TRD01F 3/山下健太/KONDO RACING/TOYOTA/TRD TRD01F 4/サッシャ・フェネストラズ/KONDO RACING/TOYOTA/TRD TRD01F 6/福住仁嶺/DOCOMO TEAM DANDELION RACING/Honda M-TEC HR-417E 7/小林可夢偉/carrozzeria Team KCMG/TOYOTA/TRD TRD01F 18/国本雄資/carrozzeria Team KCMG/TOYOTA/TRD TRD01F 12/道上龍/ThreeBond Drago CORSE/Honda M-TEC HR-417E 14/大嶋和也/ROOKIE Racing/TOYOTA/TRD TRD01F 16/野尻智紀/TEAM MUGEN/Honda M-TEC HR-417E 19/関口雄飛/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/TRD TRD01F 20/平川亮/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/TRD TRD01F 38/石浦宏明/JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/TRD TRD01F 39/坪井翔/JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/TRD TRD01F 50/セルジオ・セッテ・カマラ/Buzz Racing Team with B-Max/Honda M-TEC HR-417E 64/牧野任祐/TCS NAKAJIMA RACING/Honda M-TEC HR-417E 65/大湯都史樹/TCS NAKAJIMA RACING/Honda M-TEC HR-417E [オートスポーツweb ]

【関連記事】