Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」最終回の視聴率は9・6%

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 9月30日に放送された女優・浜辺美波(20)と俳優・横浜流星(24)がダブル主演した日本テレビ系連続ドラマ「私たちはどうかしている」(水曜・後10時)最終回2時間スペシャルの世帯平均視聴率が9・6%だったことが1日、分かった。  初回は9・6%でスタート。第2話は7・8%。第3話は8・2%。第4話は8・4%。第5話は9・2%。第6話は9・6%。第7話は9・3%。今回、0・3ポイントのアップで最終回となった。個人視聴率は5・3%だった。  同作は「BE・LOVE」連載中の同名漫画が原作。老舗の和菓子店を舞台に15年前の殺人事件をめぐって愛と憎しみが交錯するラブミステリー。  浜辺が演じたのは和菓子職人・七桜(なお)。初恋相手で幼なじみだった和菓子屋の跡取り息子・椿(つばき、横浜)と再会するが、実は2人は「容疑者の娘」と「被害者の息子」。過酷な運命に翻弄されながらもひかれ合う姿を描いた。  女優の観月ありさ(43)が和菓子店「光月庵」のおかみ・今日子役でヒール役に初挑戦した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

報知新聞社

【関連記事】