Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

光秀ゆかりの地、兵庫・丹波篠山を巡る(5) 伝統的建造物群が残る福住地区の今

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 明智光秀ゆかりの地として注目される兵庫・丹波について、歴史をはじめ多面的に取り上げる『ラジオで辿る光秀ゆかりの兵庫丹波』(ラジオ関西)。丹波篠山シリーズの5回目、8月27日放送回では、古い町並みが残る丹波篠山市の福住地区についてのお話を、「福住地区まちづくり協議会」顧問の佐々木幹夫さんにうかがいます。番組パーソナリティーは、「兵庫・神戸のヒストリアン」として活躍する田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授と、久保直子さんです。 ◆福住・冬の風物詩はフライングランタン 【田辺】 福住まちづくり協議会とはどんな団体ですか? 【佐々木さん】 19集落の地域があります。各団体の役職者や自治会長を中心とした人員構成で70人の役員で成り立ち5つのグループで活動しています。 【田辺】 この福住というのは19集落あり、明治になって福住村になった。そして、江戸時代まであった19の村々の代表をされるような方が、まちづくりをいろいろと相談されている、ということですね。具体的な活動を教えてください。 【佐々木さん】 イベントや、最近では移住者交流に力を入れています。近隣府県(兵庫・大阪・京都)の3府県サミットなども手掛けています。 【田辺】 どんなイベントをされているんですか? 【佐々木さん】 冬の風物詩となっている花火と、フライングランタン(夢灯籠)を上げるイベントがあります。フライングランタンとは、中国から直輸入した熱気球みたいなもの。50基ほどですが、希望者に500円で配布して上げていただくというものです。 【田辺】 これは面白そうですね。 【佐々木さん】 面白いんですが、今年はちょっと失敗したりしました……。風がなかったり、逆に風が強すぎたりで、なかなか思うように一斉に上がらず、バラバラになってしまって……。そのあたりはちょっと苦労しているんです。午後6時ごろからはじめて、最後に午後7時から花火をあげます。近畿圏から来られる方が多いですね。フェイスブックやインスタグラムなどで「ふくすみ雪花火」で検索して情報をご覧ください。(※2020年の「ふくすみ雪花火2020~福住夢灯籠(フライングランタン)~」は2月8日に開催済み) ◆10年で40家族が福住に 移住の先進地 【田辺】 移住者交流について教えてください。 【佐々木さん】 ここ10年ほどの間に都市住民の方々が福住などに40家族程度移住して来られています。そのうち約15店舗が個人商店として開業しています。そういった方たちと地元住民が交流の場を持っていこうということでやっています。具体的には、どういう活動をしているかを移住者に聞きながら意見交換をしています。 【田辺】 10年ほどで40家族というと多いですね。 【佐々木さん】 この辺りの地域からすると多いです。先進地ともいわれています。 【田辺】 どんなお店をしてらっしゃいますか? 【佐々木さん】 イタリア料理、ガラス工房、スピーカー、ストーブ、あるいは焙煎珈琲の「マグナムコーヒー」といった有名なお店やお好み焼き、パン、ピザ、ゲストハウス、喫茶店、丼店、サイクリング専門店といったお店があります。 【田辺】 福住の伝統的な建造物群の街並み(国の重要伝統的建造物群保存地区)の中で営業されているのですか? 【佐々木さん】 ほとんどがそうです。 【田辺】 これだけのお店があるということは他府県から訪ねて来られる方もたくさんあるんですか? 【佐々木さん】 かなりあります。特に「マグナムコーヒー」さんは大阪の心斎橋でやっていた焙煎珈琲店なんですが、大阪、京都方面からかなりの方が来られていて、窓口みたいになっています。 【田辺】 そういう核となるお店があったら良いですね。道路網からすると京都、大阪、神戸から約1時間少々の距離ですよね。 【佐々木さん】 自然が豊かで空気や水がとてもきれいですし、移住を希望される方が増えてきています。 【田辺】 10年で40家族というとかなりの成功例ですよね。桜はありますか? 【佐々木さん】 桜もあります。 【田辺】 夏はホタル、秋は紅葉……、 【佐々木さん】 冬はイノシシの牡丹鍋。最近は鹿のジビエとかが流行っています。 【田辺】 籠坊温泉も近いし。 【久保】 近くにホテルもありますしね。 【佐々木さん】 「(篠山城下町)ホテル NIPPONIA」ができています。 ◆兵庫・大阪・京都の“結び目” 地域間交流も盛ん 【田辺】 自治会長となられてからの佐々木さん個人の成功談は? 【佐々木さん】 自分で企画したものとしては、「2府県境お助けサミット」ですね。お隣の京都府の西本梅地区と一緒に交流会をしようと提案し、名前は面白くつけたかったので「お助けサミット」としました。 【田辺】 ここ福住は、兵庫県・大阪府・京都府の“結び目”みたいなところですよね。 【佐々木さん】 県境ですし、仲良くしたいということで現在では「3府県サミット」として仲良し会的にやっています。最初の2年間は福住、昨年は京都府の西本梅地区、今年は大阪府天王地区というふうに当番を回しています。 【田辺】 具体的にはどんなイベントされるのですか? 【佐々木さん】 1年間の活動報告が中心です。 【田辺】 お互いの知恵や経験の交流みたいなものですか? 【佐々木さん】 それぞれ、活動の中身が違いますので面白いです。今年は大阪府天王が当番ですが、こちらからは深山(みやま)が共通の山なので深山登山をしたいと提案しています。3か所から登り、頂上で合流してゲームなどで楽しめたら良いなと思っているんです。こういった交流をすることで非常時にも助け合えるという発想もあるんです。 【田辺】 失敗(課題)は? 【佐々木さん】 役員の継続性ですね。同じ人間が何十年も役員をできないので、同じ意識や考え方ばかりではないので、難しい部分も出てきますね。 【田辺】 継続的な発展が課題ということですね。 【佐々木さん】 今年度は県民局の補助をいただき、戦略的移住推進モデル事業の取り組みをここ3年間続けてきていますので、今年もやりたいと意気込んでいるところです。30年後の福住のあり方、移住者のあり方といったものを大阪府立大学と兵庫県立大学の先生方の知恵もいただき、学生がアンケートやヒヤリングをするといったことも今年度中にしたいと思っています。 (構成:久保直子)

ラジオ関西

【関連記事】