Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

転職エージェントのデメリットとは?失敗しないエージェント選びのために

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

「一人で転職活動するのは不安だし、転職エージェントを利用したいけれどうまく活用できるか心配…」「転職エージェントって無料だけどデメリットはないの?」そう感じている方もいるでしょう。 この記事では、転職エージェントのデメリットを包み隠さずお伝えします。そしてデメリットは裏を返せばメリットとしても捉えられるので、うまく活用してスムーズに転職活動を進めましょう。

そもそも転職エージェントとはどんなサービス?

転職エージェントとは、企業と転職希望者をつなげる人材紹介サービスです。企業からは求めるスキルや給与、勤務体系などの情報とともに求人情報を集めます。 転職希望者にはスキルや条件がマッチする企業を提案したり、書類や面接のサポート、給与や入社日の交渉まで幅広く行います。いわば企業と転職希望者の架け橋となるのが転職エージェントです。 求人情報の掲載・募集だけを行う転職サイトとは異なり、転職エージェントではキャリアアドバイザーが転職希望者一人ひとりの転職をサポートします。 転職エージェントを利用する場合、アドバイザーがどれくらい親身になってくれるのか、また企業との交渉スキルの高さなどが転職の成功に関わる重要なポイントです。 この点が転職エージェントのデメリット、そしてメリットにも大きく関わってくることを覚えておきましょう。

転職エージェントのデメリットと解決策

デメリット1.アドバイザーによって転職活動の進めやすさが変わる キャリアアドバイザーから個別に転職のサポートを受けられるのは、転職エージェントを活用する上で最も重要なメリットです。 しかしもしアドバイザーと意思疎通がうまくできなければ、希望する転職先に応募させてもらえなかったり、必要な情報を聞き出せず一人で悩む時間が増えてしまったりする場合も。 またアドバイザーの年齢やスキルも関係性を築く上で大きく関係してくるため、転職エージェントを利用する場合は、キャリアアドバイザーのスキルや相性が自身とマッチしているかによって転職活動の進めやすさが変わってきます。 デメリット2.アドバイザーとのやり取りに時間がかかる 転職エージェントを利用すると、アドバイザーとマンツーマンで転職活動を進めていくことになります。そのため企業との連絡は基本的にアドバイザーを通して行うことになります。その他転職活動の進捗具合を随時報告するなど、アドバイザーとのやり取りに何かと時間がかかってしまうことも。 スピード感を持って転職活動を進めたい場合は、アドバイザーからの連絡をこまめに返信したり、自分から進捗を随時報告したりするとアドバイザーもそのスピード感とやる気にのっとって転職活動を進めてくれます。 デメリット3.興味のない求人を紹介されることがある 転職エージェントは求人を出した企業に転職希望者をマッチングしたときに、企業から報酬を得るシステムです。そしてエージェントによっては「入社して半年以内に退職した場合は報酬を返金する」という取り決めをしている場合もあります。 そのためあなたがチャレンジしてみたい企業への応募は、スキル不足と判断されると受け付けてもらえなかったり、スキル面ではマッチしているけれど関心のない企業への応募を強く勧められたりする可能性があることを覚えておきましょう。 興味のない求人を紹介された場合は、はっきりと興味がないと伝えることが大切です。そうすることで転職活動の主導権は自分にあることを示せます。

【関連記事】