Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「セイコーミュージアム」が銀座に降臨。和光本館の「グランドセイコー」もすごいことに!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FORZA STYLE

「セイコーミュージアム 銀座」が8月19日(水)にオープン今年はセイコーの創業者である服部金太郎の誕生160周年。それを記念してセイコーの運営する時と時計の博物館「セイコーミュージアム」が墨田区からセイコーの発祥の地である銀座に移転。8月19日(水)に「セイコーミュージアム 銀座」としてオープンします。

「セイコーミュージアム」は、そもそもは1981年の創業100周年事業として製造工場の精工舎(現セイコークロック)の社内に設立した研究施設「セイコー時計資料館」が母体。2012年により多くの来館者にセイコーブランドを訴求するために「セイコーミュージアム」として墨田区に移設し開館しました。

今回新しくなった「セイコーミュージアム 銀座」ではフロアごとにテーマを設け、時と時計に関する展示約500点を紹介。

服部金太郎の挑戦と努力の足跡を辿る「服部金太郎ルーム」のほか、セイコーの歴史と切り離すことのできないスポーツ時計や、多くの冒険家たちを支えてきたスポーツウォッチなど、貴重なアーカイブを展示。

また、日時計から始まる世界の時計の歴史や、日本独自の和時計のコレクションなど、セイコーの時計以外の展示も充実しています。

ミュージアムのファサードに設置された高さ約5.8mの大型振り子時計「RONDEAU LA TOUR」(ロンド・ラ・トゥール)が毎正時に人形と歯車の楽しいダンスを披露するのも見どころ。

こうした大型からくり時計では、ほど近くの有楽町センタービルにある「マリオンクロック」が有名ですが、実は、あの時計もセイコーの作。日本初の屋外型大型からくり時計として話題になったもので、この新しい「RONDEAU LA TOUR」もきっと注目を集めそう。銀座の新しい名所になりそうです。

新しい旗艦ブティック「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」が誕生そして、もうひとつ。銀座の和光本館が12年ぶりの改修工事を完了し、先の8月6日(木)にリニューアルグランドオープン。その2階に「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」が誕生したのです。

【関連記事】