Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小さくて独特の甘み 十島村の島バナナ最盛期 特産品販売所・トカラ結プラザ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 十島村の島バナナが最盛期を迎えている。2年前の台風で被害を受けてから樹勢が回復。今年9月の台風10号では倒木があったが生産は順調で、鹿児島市泉町の村特産販売所「トカラ結プラザ」の店頭を飾っている。 【写真】店頭に並ぶ島バナナ=鹿児島市泉町の「トカラ結プラザ」

 島バナナの最盛期は8~12月。中でも9、10月は収量が多く、週100~200キロ仕入れることもある。  長さが10センチほどの小笠原と、15センチほどの三尺バナナの2種類ある。小笠原は甘みと独特の酸味が持ち味。三尺は濃厚な甘みがある。中之島や口之島、宝島が主産地で、ともに無農薬で育てている。  小笠原は1キロ1500円。三尺は同1300円。結プラザ=099(223)0420。

【関連記事】