Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福山雅治、医療従事者&九州豪雨被災地支援へチャリティーグッズを製作 Tシャツと缶バッジをオンライン販売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

「皆様の想いを医療の現場、被災された現場、ボランティアで頑張ってくださっている方の現場に繋げていこうと思います」

 歌手で俳優の福山雅治(51)=長崎県出身=が、医療従事者への敬意を込めて、また「令和2年7月豪雨」による被災地域の支援を目的に、2種類のTシャツと缶バッジをチャリティーグッズとして製作。アーティストオンラインショップ「A!SMART」で販売を開始した。  福山雅治オフィシャルファンクラブ「BROS.」の会員歴25年の人たちを対象に、毎年開催しているファンクラブイベント「お前と密会」が新型コロナウイルスの影響で来年に延期となったため、同イベント用に製作した11枚目のシングル「Message」(95年発売)のシンボルマークを取り入れたTシャツを、チャリティー用に再デザイン。  また、医療従事者への敬意ともに、故郷・九州を襲った豪雨の被災地支援として、シンボルマークをブルーにし、タグには最新曲のタイトル「始まりがまた始まってゆく」を英訳した「Begin a New Beginning 2020」を記した。同じく、ブルーにリデザインされた缶バッジにも同様のメッセージを込めている。  商品の利益の全額は、アミューズ募金「新型コロナウイルス感染症対策支援金」「令和2年7月豪雨災害義援金」を通して医療支援や豪雨被災地支援に役立てられる。  福山は「皆さまのお気持ちを届けたいところへ届くよう、アミューズ募金に託したいと思います。最新曲、『始まりがまた始まってゆく』の歌詞の中に『繋がりがまた繋がってゆく』という言葉がありまして、皆様の想いを医療の現場、被災された現場、ボランティアで頑張ってくださっている方の現場に繋げていこうと思います」とコメントを寄せた。

【関連記事】