Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Suchmos・YONCEが訊く、GRAPEVINEの転機は…田中和将が語る

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の『SPARK』(水曜担当ナビゲーター:Suchmos)。2月26日(水)オンエアのワンコーナー「SPARK DREAMER」にて、先週に引き続きYONCEとGRAPEVINE・田中和将(Vo./Gt.)が対談をおこなった。 【前回】Suchmos・YONCE×GRAPEVINE・田中が対談 GRAPEVINEは、Suchmosの全国ツアー「The Blow Your Mind TOUR 2020」Zepp Nagoya公演に出演する。

GRAPEVINEにとって大きな転機となった出来事

2019年9月、Suchmosは結成時からの夢であった、地元・横浜スタジアム(通称・ハマスタ)でのワンマンライブ「“Suchmos THE LIVE“ YOKOHAMA STADIUM」を実施。会場に足を運んだ田中に、YONCEは“ターニングポイント”にまつわるトークを展開した。 YONCE:あの舞台を成し遂げたことで、俺たちにとっていい意味でも悪い意味でも、プレッシャーから解放されました。区切りがついたかなというタイミングでした。GRAPEVINEは結成から何周年になりますか? 田中:23周年かな。 YONCE:それぐらいのキャリアがあって、そのなかで楽曲製作や公演を成し遂げたときに、「燃え尽きた」って感じたことはありましたか? 田中:Suchmosのハマスタのような、いわゆる大きな節目というものは、もしかしたらなかったかもしれないなあ。Suchmosにとって、バンドの出身地であるハマスタでライブをするっていう目標があったわけですよね。我々は、そういったものがないんですよ。大阪出身で東京に来て、さほど大きな夢を持っていなかったんですよ。まだ新宿にあった頃のLIQUIDROOMで他のバンドのライブを観に行ったときに、「こういうところでお客さんが満杯になってやれるようになれたらいいねえ」って言っていたんです。その夢が、デビュー1年目ぐらいで叶ってしまって。そこから先の夢が、なくなってしまったんですよ。途方にくれてしまいました(笑)。 YONCE:(笑)。 田中:とはいえ、ライブというよりは、作品作品で節目はあったのかなと思っています。まず4人バンドだったのが、5枚目のアルバム『another sky』を出してから1人脱退してしまって。そのときはやっぱり、揉めましたね。脱退したあとに(活動を)どうするんだって方針を決めるのは、大きな節目になりました。モチベーションに変えないと、バンドが続けられないぞって思っていましたね。 YONCE:(バンドが)揺らいだ瞬間ということでしょうか。それとも、次に向かうためのガソリンになったのでしょうか? 田中:なるべくすぐに切り替えようとしましたね。ガソリンにしていました。ただやっぱり、メンバー脱退は悲しいことですから、ネガティブに見えていたと思います。そこを乗り越えるのは、なかなかキツいものはありました。でも、結果的にそこから長いこと続いてきていますので。今の体制からのほうが、キャリアが長くなっていますからね。あながち、あのときの舵の切り方は、間違いでもなかったのかもしれないなって思いますね。

【関連記事】