Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Oculus Quest 2レビュー:はじめてVRに最高。Q1からの買い替えは...まだ待てる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

Oculus Questよりキレイでつけ心地はちょい悪い。この2点をどう捉えるか。 【全画像をみる】Oculus Quest 2レビュー:はじめてVRに最高。Q1からの買い替えは...まだ待てる ご自宅おこもりタイムが伸びている。オンラインコミュニケーションの多様性が加速している。据え置きゲーム・PCゲームの市場がグッと伸びてきている。プレイステーション&Xboxシリーズのメジャーアップデートがある。 などなど、様々なチャンスタイムが重なるこのタイミングに発売となる「Oculus Quest 2」を試してきました。まず最初に断言しますと、これからVRの世界へ、メタバースへと旅立ちたいというなら間違いなく、買いです。だってライバルがいないオンリーワンの存在だもの。ワイヤレスで、スマホやPCと接続しなくても動かせる系の最新・最高機種なんだもの。 だから以下のレビューは、前モデルとなるOculus Questとの比較な視点でお届けします。いままでOculus Questを使ってきた人が買い換える価値はあるか否か。御覧ください。

画質・斜めのシマが目立たなくなっていい感じ

Oculus Quest 2で採用されたパネルは1832x1920ピクセルの液晶パネル。対してOculus Questに使われていたのは片側1600x1440ピクセルの有機ELパネルです。 有機ELじゃなくなっちゃったんだ...と思いながらOculus Quest 2をつけてみると...あれ。すっごく良くなってない? 解像度の数値の差以上に、Oculus Quest 2のほうが「こっちめっちゃキレイ」と感じる映像となりました。これはストライプ配列の液晶パネルと、ペンタイル配列の有機ELパネルの差でもありそう。 スマートフォンみたいにめちゃ細かなDPIだと気づきにくいのですが、VRゴーグルにペンタイル配列のパネルを使うとサブピクセルの関係で、斜めの線部分のジャギーがめっちゃ目立っちゃうんですね。 ストライプ配列の液晶パネルも縦横のシマが見えてきますが、Oculus Questほどの違和感は残りませんし、色が濃く感じられるメリットあり。確実にクオリティアップした部分です。

【関連記事】