Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スポーツモデルが消える! WRX・BRZ・レヴォーグが空白になるスバルの戦略の謎

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

今夏には一時的にスポーツモデルが1車種になってしまう

 2019年の年末にWRX STIの販売が終了。2ペダル版のWRX S4は「GT/GT-S」系のグレードが終了し、今買えるのはSTIスポーツのみとなった。レヴォーグやレガシィB4も注文の受け付けを終了し(6/22現在、一部の在庫車はまだ買える)、BRZも7月20日をもって終了とアナウンスされている。 【写真】スバリストからも見放されたスバル車3台!  この夏には、SUBARUのラインアップからWRX S4 STIスポーツ以外のスポーツモデルがなくなってしまうことに。しかし、それは一時的な状況であり、もちろんSUBARUはスポーツモデルをやめてしまうわけではない。  まず、レヴォーグはすでにモーターショーなどで新型の外観や概要が公開されており、新型の発売は2020年の後半と告げられている。いずれ正式に発表されるので、心配御無用。  WRXについても、燃費規制への対応など、ハイパワーAWDモデルを継続させるのは厳しいご時世ではあるが、ラリーやレースにも参戦するSUBARU AWDの走りの良さを象徴するモデルであり、北米市場でも人気。国内でも2ペダル版を合わせれば、まだまだ一定数の販売台数が期待でき、WRXベースのSTIコンプリートカーは高額でも即売するブランドに育っているので、次期型に継続される。  2019年の10月に「EJ20ファイナルエディション」が発売された時、SUBARU側は「EJ20はファイナルだが、WRXがファイナルになるわけではない」という趣旨のコメントを残したことで、安心したファンも多いはずだ。

SUBARU車の持ち前の美点が研ぎ澄まされたスポーツカーも継続!

 そして、8年のモデルライフを完結するBRZについても、2019年夏の段階でSUBARU側もトヨタ側も次期型の存在を実質的に認めており、1世代限りで終わることはない。  次期型も86の兄弟車として、トヨタとのコラボを継続。トヨタ側のラインアップには上の車格にスープラがあるので、次期型も基本的にはキープコンセプト。今の時代にあっては比較的軽量コンパクトで低価格、ファン・トゥ・ドライブ性を最重視したスポーツカーとして登場するとされている。  2019年の夏に開催されたイベントに参加した、トヨタとSUBARUのエンジニアの話によると、次期型は、スーパーGT参戦で得られたエアロダイナミクス性能向上ノウハウを反映させたボディデザインを採用。エンジンについては、最高出力や高回転化、レスポンス、燃費や排ガスなど、これからのスポーツカーに求められるすべての要件を両立させるべく入魂開発したという。  世界的な流れからすると、高効率なダウンサイジングターボの線が有力ながら、トヨタもSUBARUも「気持ちよく回せるエンジン」にこだわっている模様にて、高回転型NAの搭載もおおいに期待される。  コロナ禍の影響で販売スケジュールに修正が生じる可能性はあるかもしれないが、WRXやレヴォーグ、BRZについてはいずれ新型が登場するのは確かなので、SUBARUのスポーツモデルファンは心配せずに朗報を待とう。  BRZは、SUBARU車史上もっとも低い位置に搭載された水平対向エンジンにより、低重心&好バランスという、SUBARU車の持ち前の美点が最大限に研ぎ澄まされたスポーツカーなので、モデル末期となっても、走りの楽しさはいささかも色褪せることはない。クルマ全体の洗練度や安全性、環境性能などは当然ながら新型で劇的に向上するが、素性の良いスポーツカーがもたらす走りの魅力は現行型でも十二分に得られるので、初代の最終型の購入を検討する価値は高いと言える。  思わずファンが心配してしまうほど、いくつものモデルで販売の空白期間が重なる商品展開は謎というか、疑問を抱かずにはいられないものの、このご時世でスポーツモデルの新型が継続して発売されるというだけでもありがたいものだ。

マリオ高野

【関連記事】