Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ボクシング界で最も象徴的な写真」 アリが見下ろす“伝説の1枚”に海外感慨

配信

THE ANSWER

55年前の伝説の1枚にリング誌が再脚光

 ボクシングのヘビー級伝説の王者モハメド・アリ(米国)。今なお語り継がれる一戦が、1965年5月25日のソニー・リストン(米国)とのリターンマッチだ。初回2分12秒KOで、リストンを返り討ちにした一戦で撮影された1枚を、米専門誌「リング」は「ボクシング界で最も象徴的な写真」と脚光を浴びせている。 【画像】これが「ボクシング界で最も象徴的な写真」 勝者アリと敗者リストン…試合の明暗を写した伝説の1枚  ボクシングの明と暗――。大の字にキャンバスに倒れているリストンを見下ろし、「どうだ!」とばかりに咆哮するアリ。勝者と敗者のコントラストを鮮やかに写しだした秀逸な1枚だ。  今も色あせない55年前の伝説的な名場面を、リング誌は公式インスタグラムで「ボクシング界で最も象徴的な写真が撮られてから今日で55周年。モハメド・アリがソニー・リストンを第1ラウンドでKOしたのである」と記して脚光。またWBCも公式インスタグラムに同様のシーンを投稿し、「今日は歴史的な日です。モハメド・アリがソニー・リストンを第1ラウンドでKOしたあとに、アリが取ったこのリアクションが注目を浴びた」などとしている。  海外のファンからも「象徴的な写真だ」「ボクシング史に残る最も偉大な瞬間」「伝説になった有名な1枚」「この試合は永遠に語り継がれる」「壮大な1枚」などと反響が集まっていた。  アリはこの前年の第1戦で圧倒的不利と言われながらも、6回終了TKOで勝利。試合後にカシアス・クレイから、モハメド・アリへと改名していた。そしてこのリターンマッチでも132秒で返り討ちに。以降スターへの道を駆け上がっていった。

THE ANSWER編集部

【関連記事】