Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名古屋ダイヤモンドドルフィンズを『変える』、齋藤拓実の挑戦「僕のスピードで周りを生かす」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

文=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 齋藤拓実にとって昨シーズンは『飛躍の1年』となった。選手層の厚いアルバルク東京でプレータイム確保に苦しんだのから一転、移籍先の滋賀レイクスターズで先発ポイントガードとしてその才能を攻守に発揮。特にオフェンスでは平均13.0得点、5.4アシストと、いずれも日本人選手としては3位のスタッツを記録した。この夏には梶山信吾ヘッドコーチの「トランジションを強化したい」との求めに応じ、名古屋ダイヤモンドドルフィンズへの移籍を決断。「すべての面で成長したい」と語る彼は、自分の移籍をきっかけに名古屋Dを優勝できるチームへと変えようとしている。 「練習の中から戦うことでプレータイムを奪っていく」──まずは名古屋Dへの移籍について教えてください。オファーは複数あったと思いますが、移籍先を選ぶにあたって重視したことは何ですか。また名古屋Dのどの部分に魅力を感じたのでしょうか。 やっぱり自分を必要としてくれるチームを選びたいと思いました。そうすればプレータイムは保証されるとまではいかなくても、そこまで気にせずにチームに合流できると思ったので、まずは自分をどれだけ必要としてくれるか。あとは自分が入ってどういうバスケットをするかイメージできることでした。どういうバスケットをしたいか、僕にも自分の考えがあって、チームにも考えがあるので、そこはオファーをいただいたチームとはしっかり話しました。もう一つは昨シーズン、滋賀の中山佑介さん(パフォーマンススーパーバイザー)に指導してもらったウエイトトレーニングがすごく良かったので、そういった環境もどれだけ整っているのか、コミュニケーションを取りながら考えさせてもらいました。 ──オファーを出すチームはどこも熱意を持って「齋藤選手が必要だ!」と口説くわけですよね。その中でも名古屋Dは抜きんでていたと感じましたか?  ありがたいことに、他にもすごい熱量でオファーしてくれるチームはたくさんありました。その中で名古屋Dの決め手になったのは僕が入るバスケットのスタイルがイメージしやすかった部分です。チームメートに実力のある選手がいて、同じポジションのポイントガードにも僕とは違ったタイプの選手がいます。笹山(貴哉)さんはずっとこのチームでプレーしていて『名古屋Dの顔』になっているところで、僕は新しいチャレンジをしたいと思いました。 ヘッドコーチから言ってもらえたのは、トランジションバスケをやりたい上で、ウイングがしっかり走ってもボールプッシュが足りないということです。僕は笹山さんや小林(遥太)さんほど身長がない分、スピードでプッシュはできると思いました。ウイング陣は日本代表の安藤(周人)さんを始め実力のある選手が多いし、狩野(祐介)選手も一緒に滋賀から移籍してきました。僕のスピードで周りを生かすというイメージができたことが大きいです。 ──ここ4年間、名古屋Dは『笹山選手のチーム』としてやってきました。開幕まではチーム内競争があって、プレータイムを勝ち取らなければいけません。まだ競争はこれからだと思いますが、齋藤選手としては先発でプレーするつもりですよね?  練習はハーフコートでの対人がようやく増えてきたところで、外国籍選手がまだ合流できていません。でもチーム内で競争しあうのは大事だし、もちろん先発は狙っています。今おっしゃったように笹山さんは『名古屋Dの顔』ですが、僕としては練習の中から戦うことでプレータイムを奪っていくつもりです。

【関連記事】