Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【川崎F】静岡学園高のU-18日本代表DF田邉秀斗が来季加入内定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

J1の川崎フロンターレは13日、静岡学園高3年のDF田邉秀斗が2021シーズンより新加入することが内定したと発表した。川崎FにはMF大島僚太、MF長谷川竜也、FW旗手怜央ら静岡学園高OBが多数在籍するが、高卒での加入は大島以来となる。 選手権優勝の瞬間をピッチで迎え、笑顔を見せる田邉

「日本を代表する選手になりたい」

 田邉は2年生だった昨年度から静岡学園高のレギュラーとして活躍。第98回全国高校サッカー選手権では右SBとして全6試合に出場し、同校の24年ぶりの優勝に大きく貢献した。左SBとしてもプレーできるユーティリティー性を持ち、今年1月にはU-18日本代表としてスペイン遠征に参加している。  プロ入りが決まった田邉はクラブを通じ、次のようにコメントを発表した。 「川崎フロンターレのサポーターの皆さん、初めまして。この度、静岡学園高校から加入することになった田邉秀斗です。プロ選手になることは小学生の時からの夢でとても嬉しいのですが、ここがスタート地点なので、これから川崎フロンターレで活躍できる選手になり、日本を代表する選手になりたいと思います。今までお世話になった先生・監督やコーチ・保護者の方々に恩返しがしたいです。そして、家族に活躍している姿を見せられるように頑張ります」  川崎Fの来季入団内定は、桐蔭横浜大のMF橘田健人に次いで2人目となる。

サッカーマガジン編集部

【関連記事】