Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森薗美月、卓球選手らしさと自分らしさの間に揺れて(前編)

配信

Rallys

森薗美月。 女子チームのない琉球アスティーダに移籍したプロ卓球女子選手。 試合会場でひときわ目立つ金髪ドレッドのヘアスタイル。 森薗政崇、美咲らの従姉妹。 逆プロポーズでの結婚。そして沖縄移住。 【写真】美女アスリート・森薗美月の沖縄でのショット 彼女の基本に忠実な卓球スタイルと、対照的に鮮やかな金髪ドレッドヘアに、多くの卓球ファン、関係者たちが「彼女はどうしたのか」とざわついた、今年1月の全日本卓球選手権。 あれからまだ半年も経っていないのに、世界のほうがもっと様変わりしてしまった。 変わること。変わろうとすること。 森薗美月の話を聞きたいと思った。 「早朝練習して、日中はリモートで英語とプログラミングの授業、夜間はずっとプログラミングの勉強なんで、あんまりまだ沖縄を実感していないんですよ」。新天地、沖縄での生活を始めたばかりの彼女に時間をもらい、オンライン取材を行った。

自己表現を変えた森薗美月「自分でもわからなくなる時があった」

2020年1月全日本卓球選手権4回戦に、森薗美月は金髪ドレッドヘアで登場した。 その約二年前の2017年初夏、所属していた実業団を辞めてTリーグに挑戦する決意を固めた森薗美月は、こう語った。 「自分の卓球で後悔だけはしたくないんです。何事も挑戦することに意味があると思うので、悔いなく最後までやり切ります」 その“挑戦”という言葉には、額面以上の意味が込められていたのだろうか。 Tリーグ1stシーズンの個人成績。 シングルス1マッチ出場で1勝。ダブルス5マッチ出場で2勝3敗。 2ndシーズンの個人成績。 シングルス4マッチ出場で2勝2敗。ダブルス6マッチ出場で1勝5敗。 不退転の決意でプロリーグに挑み、毎シーズン全21試合、計42試合に帯同した本人としては、納得いく結果ではなかった。 その状況下で、ヘアスタイルはじめ森薗美月の自己表現方法が変わってゆく。卓球界の身近な人間ほど心配し、諫めた。 「美月はダメになった、やる気がなくなったって、身近な人たちから言われて。やる気もあって、目指す方法を変えただけなのに。でも、おかしくなっちゃったって言われた最初の頃は、そうなのか、いやそうじゃないって、自分でもわからなくなる時があった」。 よく知られているように、森薗家は卓球一家だ。日本代表の森薗政崇や、その姉の美咲らは美月の従兄弟にあたる。幼少期から二人三脚で卓球キャリアを歩んできた父・稔氏からも諫められた。 「ぶつかりました。父からは卓球をやめてしまえって言われた。でも、そうじゃないって、お酒飲みながらお互いいっぱい会話して、最後は、わかった、お前らしく生きろって背中を押してもらいました」。

【関連記事】

最終更新:
Rallys