Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オリジナル同人即売会「コミティア」が中止に 運営存続のため支援を求める

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KAI-YOU.net

9月21日(月・祝)に予定されていた自主制作漫画誌展示即売会「COMITIA133」(コミティア)の中止が公式から発表された。 「COMITIA133」フライヤービジュアルを大きく見る 現在行われている屋内イベント入場者数の規制「5000人以下、かつ収容定員の50%以下」のうち、「5000人以下」の解除が8月1日(土)に行われる予定だったが8月末まで延期されることが政府から発表され、今後の緩和の見通しも立たないことや、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の再拡大の状況を考慮しての判断になったとのこと。

運営母体の経営難、継続の為クラウドファンディングへ

実行委員会は、2月に開催された「COMITIA131」が一般参加者数が3割減、売上が半分になったことを発表。 さらに「COMITIA132extra」と「COMITIA133」は中止。それらの影響によって、イベント会場や関連企業との折衝やイベント運用計画などのコミティアのボランティアでは賄いきれない部分をを運営する「有限会社コミティア」の収入が確保できない状況にあるという。 さらに、この先に予定されている11月の「COMITIA134」、2021年2月の「COMITIA135」も開催できる確証がなく、開催ができたとしても参加者数の大幅減は避けられず、収益はほぼ出ない、もしくは赤字になる可能性が高いことを実行委員会は想定。 総じてイベントの開催目途が立たないことで、2021年上半期以降の管理費、開催準備費用を調達するあてがなく、残された時間ではイベント開催以外の収益の道を探すのも困難だという事情を受けて、今回のクラウドファンディングに踏み切った形だ。 クラウドファンディング自体は、書店を応援するための「Bookstore AID基金」などが実施されたプラットフォーム「MOTION GALLERY」のサポートの元で行われる。 現在はまだ調整中で、8月中旬に概要を公開し、8月下旬の開始が予定されている。 詳細は随時コミティア公式サイトや、公式Twitterアカウントで発信されていくとのこと。

【関連記事】