Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京ドーム改修100億円は適正? シティ全体がスタジアムとなる新しい観戦スタイルとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
REAL SPORTS

巨人と東京ドームが7月20日に会見を行い、総額約100億円の改修を行うと発表した。これはMazda Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)が新たに一つ建設できる規模の改修費であり、新型コロナウイルス対策を第一とした今回の改修は果たして妥当なものなのだろうか。マツダスタジアムなど数々のスポーツ施設を手掛けてきたスタジアム・アリーナの専門家・上林功氏が「国内スタジアムとしてはもっとも成功している事例」と東京ドームを高く評価しつつ、この度の改修に対しては疑問が残るという部分を解説する。 (文=上林功)

東京ドームのグラウンド地下にあるものとは?

7月20日、東京ドームの大規模な改修が発表されました。総額約100億円かけた大改修で換気能力の向上やトイレや洗面の衛生対策など新型コロナウイルス対策や非接触によるキャッシュレスへの対応などが盛り込まれるほか、横幅126mの国内最大規模となる大型ビジョンの設置などが公表されています。一方で、こうした改修に対して、スタジアムがもう一つできてしまうほどの規模の設備改修をする意味があるのかとの意見も聞こえています。 日本を代表する野球場である一方、かつての後楽園球場とは異なり、全天候型のドーム球場はもはや野球だけでなく、多くのイベントに利用される多目的な施設です。また、スタジアム単体だけでなく東京ドームシティというエリア全体での施設運用も考えたとき、改めて今後の国内のスタジアムの方向性について気づきを与えてくれるものだと考えます。 そこで今回は東京ドームを通じて、改めてスタジアムの在り方について考えてみたいと思います。 東京ドームは収容人数5万5000人(野球時、約4万6000人)、国内初の空気膜構造スタジアムとなっています。空気圧膜構造の歴史は古く、世界初のものは1970年の大阪万博アメリカ館にまでさかのぼり、館内に空気を送り込むことで室内の気圧を上げ、風船がふくらむ要領と同じように気圧差で屋根がかかる構造となっています。 東京ドームは、隣接する小石川後楽園の景観配慮などから庭園側に10分の1程度屋根が傾いており、これがそのままファールやホームラン軌跡を内包できるよう計画された世界で唯一の「傾いた屋根」を持つ空気膜構造スタジアムともいえます。 多目的に利用することを当初から想定しており、野球場以外にもコンサートやフィスティバル、アメリカンフットボール、集会やコンベンション利用に合わせた座席・フィールド配置が計画図にも見て取れます。ピッチャーマウンドが昇降式になっていることは有名ですが、グラウンド地下に競輪競技用のバンク(競争路)が格納されていたり、観客席の一部が可動観客席となっていたりと当初からあらゆる利用を想定された施設であることがわかります。

【関連記事】