Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子ども3人でも食費2万円台。節約上手のスーパーの回り方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

家計に直結する食費。「買い物をするときは、商品をじっくり吟味」するのが節約につながりそうなイメージがありますが、買い物ルールを決めてしまうことで、時短と節約が同時にかないます。 「広告の品」は要注意。絶対トクするスーパーの歩き方 ここでは時短を意識しつつ、節約のためには手を抜かないESSE読者・Sさんのお買い物に密着。40分間の買い物をリポートします!

買い物上手はこうしてる!40分で失敗しないスーパーの回り方

夫、子ども3人と暮らすSさん。月の食費は2万円台をキープしています。 買い物は週予算5000円以内で、週に1回、1週間分の生鮮食品&デイリー食材をまとめ買いしています。 【店内はこう回る!】 (1) 野菜 ↓ (2) 日配品 ↓ (3) 魚 ↓ (4) 肉 ↓ (5) 総菜・半調理おかず ↓ レジ

(1) 野菜コーナー:入り口の目玉野菜をチェック 店にとって、その日いちばんの自信商品は絶対に買ってほしいもの。 「たいてい旬のものが並んでいます。安くて、栄養面でも◎」

<時短テク>泥つきの野菜は処理ずみのものに頼る 「泥やアク抜きが必要なゴボウやサトイモなどは、特売でもあえて買いません」 即調理可能な商品や冷凍ものを選び、時間と手間をカット。値段も安定しているのでじつはおトク。

この日買ったのは目玉野菜のキャベツ、ネギ、タマネギ、トマト、長イモ、白菜、大根、ささがきゴボウ、モヤシ、シメジ、パプリカ、洋ナシ。 節約食材のモヤシ、キノコは必須。フルーツも込みで、週1000円を目安に購入。

(2) 日配品コーナー:節約食材をルーティン買い 納豆や豆腐類、ヨーグルトなどの必ず食卓にのぼる食材は、購入が決まっているので迷わずカゴに。 「その日最安値の商品を選ぶから、毎週違う商品を食べることになり、飽きません(笑)」

<節約テク>価格が変動する加工品はグラム当たりの金額を計算 ソーセージなどの加工肉はメーカーや商品によって内容量が大きく異なるので、グラム単価を重視。 「特売品より徳用パックの方が安い場合も」 この日買ったのは、納豆、豆腐、ソーセージ、ヨーグルトなどルーティン買いするもののなかから、買いたさなければいけないものを購入。合計約700円

【関連記事】