Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熊谷のブルーベリー園、特大粒500円玉サイズも 最盛期を迎える 多くの人が摘み取り体験

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 埼玉県熊谷市板井の大島ブルーベリー園で、早生(わせ)のブルーベリーが最盛期を迎えている。計2千平方メートルの畑には、特大粒のブルーベリーが実り、連日多くの人が摘み取り体験に訪れている。 ブルーベリー狩り、美里でシーズン到来 美里の栽培面積は国内トップクラス「ここ数年で1番の出来」

 園内では約1150本の木を育成。チャンドラーやスパータングロー、ダローネスなど大きいものは500円玉サイズに成長する。  同園ではブルーベリーを摘み取り、その場で食べられる。持ち帰りは100グラム300円。チャンドラーは同500円。同園の大島敬冶さんは「甘味、酸味、風味が抜群」と宣伝する。摘み取り体験は7月末ごろまで。  問い合わせは、同園(電話048・536・5455)へ。

【関連記事】