Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝食にもち麦ご飯でやせ体質に。腸活食材をのっけた丼レシピ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

食べやすく、腸活に取り入れやすいと人気の雑穀「もち麦」。まだ食べたことがない人も、すでに食べている人も、もち麦を飽きずにおいしく食べられるメニューをご紹介します。 ムリせずやせた2つの方法。大好きなパンも我慢しなくてよし

いつものご飯を替えてやせる!もち麦で腸活

●もち麦ご飯の炊き方 もち麦は、大麦の一種。大麦には、米と同様にうるち種ともち種があり、もちっとした食感のもち種の大麦が、「もち麦」です。水溶性食物繊維のβグルカンが豊富で、腸内環境を整えたり、糖質の吸収を抑えるなどの働きが報告されています。スーパーなどで買え、米に混ぜても違和感がないので、主食として手軽に取り入れられます。

【材料(2合分・でき上がり約600g分)】 ・米、もち麦 各1合 ・水 2カップ(400ml) ・塩 ひとつまみ

【つくり方】 (1) 米ともち麦を合わせて洗い、水気をきって炊飯器に入れる。 ※無洗米や、もち麦に洗わず使う表示がある場合は、洗わなくてもOK。 (2) 炊飯器に(1)を入れて分量の水を注ぎ、30分おいて浸水させる。塩を加え、普通に炊く。 [全量1011kcal] ※もち麦のカロリー値は「マルヤナギ小倉屋」調べです。 【食べにくいときは…】 米1・1/2合に対し、もち麦1/2合にし、水の量と塩は右記と同量で炊く。より普通のご飯に近いので、初めはこの配合から始めて徐々にならしていっても。

腸活素材をON!のっけもち麦丼は朝食におすすめ

●もちもちとネバネバがマッチ!納豆シラス丼 もち麦1:米1を混ぜて炊いたもち麦ご飯があれば、簡単な具材をのせるだけで腸活効果バツグンのどんぶりに。忙しい朝でも、ラクラクつくれます! 【材料とつくり方(1人分)】 (1) もち麦ご飯1杯分を茶わんによそい、納豆1パックにしょうゆ小さじ1を混ぜてのせ、シラス10gをのせる。 [1人分370kcal]

●カツオ節のうま味でご飯がすすむ。メカブおかか丼 【材料とつくり方(1人分)】 (1) メカブ(味つけしていないもの)1パック(40g)、カツオ節小1パック(3g)、しょうゆ小さじ1を混ぜる。 (2) もち麦ご飯1杯分を茶わんによそって(1)をのせ、おろしショウガ少しをのせる。 [1人分272kcal]

【関連記事】