Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベネッセHDと城南進学研究社 教育関連大手の生涯給与を比較【ライバル企業の生涯給与】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【ライバル企業の生涯給与】  新型コロナウイルスは学習塾のあり方を変えました。小学生や中学生が通う塾の教室は、どうしても密になりがちです。塾に子供を通わせる親は感染を心配します。緊急事態宣言が出された4月以降、リアル教室を閉鎖し、オンライン指導に切り替えた学習塾は多かったようです。  今回は、教育事業の大手である「ベネッセホールディングス(HD)」と「城南進学研究社」の社員待遇を比較してみます。  ベネッセは、進研ゼミなど通信教育の最大手です。「東京個別指導学院」や、東大受験指導で知られる「鉄緑会」といった塾も展開しています。そのほか、語学教室「ベルリッツ」、留学支援、介護や配食サービスなど幅広く手掛けます。  城南進学は、首都圏を中心に「城南予備校DUO」を運営しています。個別指導塾「城南コベッツ」や幼児教育など教育全般に力を注ぎます。医学部受験を支援する「城南医志塾」も評価されています。  両社の業績はどうでしょうか。2020年3月期(単体)で比較してみます。売上高はベネッセが152億円、城南進学が50億円です。経常利益はベネッセが76億円ですが、城南進学は6・9億円の損失でした。純利益はベネッセが140億円の損失で、城南進学は3億円。両社ともコロナの影響もあって業績は安定しないようです。  有価証券報告書によると、社員の平均年収はベネッセが939万5000円、城南進学は476万4000円となっています。大卒初任給はベネッセ21万5000円、城南進学23万円です。生涯給与はこうなります。 ▽ベネッセHD…3億3593万円 ▽城南進学研究社…1億7220万円  両社の社員がこの収入に応じた平均的な支出を続けた場合、65歳時の推定資産(貯蓄可能額)は、ベネッセが7936万円で、城南進学は5603万円。85歳時では7253万円と4837万円となっています。どちらも安定した老後といえそうです。 (データ提供=Milize)

【関連記事】