Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感動呼んだ吹奏楽メンバーの「30日間チャレンジ」コロナで大会中止でも…“オケどん”が教えてくれたこと

配信

withnews

大きな目標だった全国大会や、演奏会が、新型コロナウイルスの影響で相次いで中止になった日。「生徒にエールを送りたい」と取材を始めた記者が目に留めたのは、見ていると逆にこちらが元気をもらう、高校の吹奏楽による笑顔のリモートワーク演奏の動画でした。「♪さかさまプリンがおっこちて…」と作った部のイメージキャラクターの絵描き歌。いったんは目標を見失った部員たちが、自分の気持ちと向き合った「30日間チャレンジ」への思いを聞きました。(朝日新聞編集委員、東野真和) 【インスタ】こんな「おうち時間」の過ごし方ってうらやましい……吹奏楽メンバーの絵描き歌

悶々とした在宅勤務、感動

記者が動画を見たのは、今秋の全日本吹奏楽コンクールなど、音楽関係の全国大会の中止が発表されたことがきっかけでした。何か、全国の部員にエールを送れるような記事が書けないかと、吹奏楽コンの事務局をしている同僚に聞いて、紹介してもらいました。 私も対面取材がなかなかできず、在宅勤務で悶々とした日々を送っていました。楽しそうな部員たちの様子をパソコンで見ていると、むしろ自分の方が元気をもらい、感動さえ覚えました。 ユーチューブで公開された、千葉県立幕張総合高校シンフォニックオーケストラ部のテレワーク合奏の動画。「想いよ届け! I Got Rhythm!」と題したその動画は、画面を細かくマス目に区切り、演奏する部員の姿だけでなく、視聴者が一緒にできる踊りを笑顔で披露する部員の姿が並びます。新2、3年生の部員124人だけでなく、家族や教師に呼びかけて加わってもらい、エネルギーが画面からあふれ出るようです。  この動画が公開されたのは、全国大会の中止が発表された5月10日の、まさにその夜でした。 「I Got Rhythm」は映画「巴里のアメリカ人」でジーン・ケリーが歌った名曲。部のツイッターやホームページ(HP)にはその詞にちなんだメッセージが載っています。 「人生は何が起こるかわからない! だからこそ楽しい! みんな顔を上げて! 元気を出そう! 笑おう! ひとりじゃない! 愛する仲間たちがいる! それだけで幸せ!」 動画はツイッターやインスタグラムでも発信し、視聴数は2週間で3万回を超えました。

【関連記事】