Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

美容家・川邉サチコさんに学ぶセンテナリアン時代【美しく歳を重ねる】15のアドバイス|美ST

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

「人生100年時代」の現代、80歳を迎えても颯爽と生きるマダムたちは憧れの存在。時代の先頭を走り続ける先輩の言葉は、美しく年齢を重ねるヒントで溢れています。経験の数だけ豊かで魅力的になれると思えれば、これから先がもっと楽しみになる。美先輩・川邉サチコさんから、悩み多き私たちへのメッセージをいただきました。 40歳からの【スーパーアンチエイジング】10カ条

今、必要なものをじっくり見極める。その積み重ねが未来の自分を決めると思います

女子美術大学卒業後、パリでメークを学びディオールやシャネルなど数々のコレクションで活躍し、デヴィッド・ボウイなど世界的なスターも手がける。現在は渋谷のKAWABELABで女性へのビューティアドバイスを行う。 川邉サチコさん 82歳 トータルビューティークリエイター

美の大先輩・川邉サチコさんに聞いた15の質問

Q. 美しく生きるための心がけは? A. 健康で前向きな気持ちが大事 仕事を通じたいろいろな出会いと刺激が美の源。そのために自身の心と体が健康なことが大切だと思います。 Q. 40歳から始めたことは何ですか? A. 早朝のウォーキングと週に2回の水泳 さらに、筑波大学でも教鞭を執られている高橋玄朴先生の「セロトニン呼吸法」で心身をケアします。 Q. 毎日続けている習慣は? A. 歯磨きしながら“かかと落とし” 20代からずっと続けています。骨密度のUP、ふくらはぎの引き締め、脳の活性化など嬉しい効果が。 Q. グレイヘアにし始めたのはいつから? A. 6年前から 白髪にアッシュ系のブロンドカラーを入れて立体感を出すことで、エレガントな雰囲気を楽しんでいます。 Q. 健康に一番大事なことは? A. 流行にむやみに飛びつかないこと 食も運動もトライ&エラーを繰り返して必要なものをじっくりと吟味。楽しみながらコツコツ続けています。

Q. 歳を重ねても美しくいるために大切なことは? A. 今の自分を“認める”こと! 鏡で現状をきちんと直視すれば、おのずと今の自分に何が必要なのかが見えてきます。歪みのないフランス製のアルパンの拡大鏡を長年愛用。小さいものは常にバッグに忍ばせています。

【関連記事】