Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地域共通クーポン「使い切る」なら... GoToトラベルを最大限活用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-CASTニュース

 観光支援事業「Go To トラベル」の対象地域に2020年10月1日から東京が加わり、「地域共通クーポン」も使えるようになった。これまでは旅行代金の最大35%を政府が補助してきたが、さらに15%分のクーポンが配られる。  全国の約10万店舗で利用できることになっており、利用開始2日前の9月29日になって、具体的な店舗名が発表された。利用期間や地域は限られているものの、旅行前に調べておけば、お土産を買ったりイベントを楽しんだりと、様々な活用ができそうだ。 ■首都圏から名古屋や大阪に1泊2日なら3000~5000円ぐらい?  「地域共通クーポン」は、1人1泊あたり6000円(日帰りは3000円)を上限に、旅行代金の最大15%を配る制度。クーポンは紙クーポンと電子クーポンの2種類があり、そのどちらを受け取るかは、旅行・宿泊商品の予約・購入先によって変わってくる。紙クーポンの場合は、ツアー出発前に旅行会社から送られてきたり、添乗員付きのツアーの場合は添乗員から受け取ったりする。ウェブサイト経由で宿泊施設を予約した場合は、チェックイン時に受け取ることになっている。電子クーポンの場合は、出発前に送られてくる予約確認書やメールを見て専用サイトにアクセスし、スマホ経由で受け取る。  いずれのクーポンも、有効期間は旅行期間中。使える場所も、宿泊地(日帰りの場合は主な目的地)と、隣接する都道府県に限られる。  非常に大まかにいえば、首都圏から名古屋や大阪に1泊2日で出かける場合、1人あたり3000~5000円が使えるようになる、というイメージだ。  例えば記者の場合、10月上旬に1泊2日で名古屋に行く日程を2万8900円で予約。35%の値引きで1万0115円が減額され、実際に支払ったのは1万8785円だ。申し込みから数日後、旅行会社から4000円の電子クーポンが使えるようになるというメールが来た。

【関連記事】