Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

9月からスタートした「マイナポイント」やらないと大損!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンキュ!

9月から始まった「マイナポイント」。参加方法がわかりづらい、何が得なのかよくわからない、という声も少なくありません。そこで節約アドバイザーの丸山晴美さんに、マイナポイントはやる価値があるのか、どのような手続きが必要なのか、改めて解説してもらいました。 なお、今回ご紹介する情報はすべて2020年7月時点の取材情報を元にしています。 みなさまこんにちは。節約アドバイザーの丸山晴美です。 お金にはトレンドがあって、その情報をキャッチできるか否かで、得する人と損する人に分かれます。でも経済に関するお金の情報は、ちょっとむずかしいですよね。私はみなさまに“お金の旬の情報”を“わかりやすく”お届けしていきたいと思います。今回のテーマは「マイナポイントってそもそも何?」!

マイナポイントは家族が多いほどお得でやる価値あり!

2020年9月、「マイナポイント」がスタートしました。これは、2020年6月に終了した「キャッシュレス・ポイント還元事業」に代わる、新たなポイント還元制度です。 マイナポイントの特徴は、登録したキャッシュレス決済サービスに事前チャージまたは決済することで、その金額の25%がポイント還元されること。2万円のチャージまたは決済で、上限の5,000円相当分のポイントがもらえます。「キャッシュレス・ポイント還元事業」のポイント還元が、支払い金額の2~5%だったことを考えると、マイナポイントの25%分は大幅に高いことがわかります。 マイナンバーカードがあれば未就学の子どもでも参加できるので、家族4人なら5,000ポイント×4人で、最大2万円分のポイントがゲットできます。家族が多いご家庭ほどメリットが大きく、やる価値があると言えます。

マイナンバーカードを持っていない人はまず、今すぐ申請を

マイナポイントは、マイナンバーカードを持っていないと申し込むことができません。行政機関から送られてきた紙の「通知カード」のままというかたは、すぐにマイナンバーカードの申請手続きをしましょう。マイナポイントは2021年3月まで行われているので、今から申請しても十分間に合います。 申請方法は、スマートフォン、パソコン、郵送、証明写真機の4つがあり、いずれも簡単にできます。申請後、1~2ヶ月で交付通知書(はがき)が自宅に届きます。交付通知書に受け取りに必要なもの、受け取り期限、交付場所などが書かれているので、その内容に沿って本人が受け取りに行きます。 交付窓口で本人確認を行い、その場で2種類の暗証番号を設定すれば、マイナンバーカードが交付されます。設定した暗証番号を忘れてしまうとマイナポイントにすぐに申し込めないので、窓口で設定した時点でメモを取って大切に保管しましょう。暗証番号を忘れてしまった場合は、お住まいの自治体窓口で再設定の手続きが必要となります。

【関連記事】