Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さわやかな夏の味、マッククスの名店を行く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハンギョレ新聞

イ・ウソクの津々浦々

 そば。もうすぐ純白の塩の如き花が咲くだろう。収穫は? まだまだ。忠清南道公州市(コンジュシ)。そばとはあまり関係のない地域だ。平昌郡蓬坪面(ピョンチャングン・ポンピョンミョン)が広く知られるが、韓国産そばのほとんどは済州でとれる。しかし公州市にはそば粉のマッククス(麺料理の一種)を出すとても有名な店がある。その名も「チュンサン・メミルコッ(春山そばの花)」。ちなみにそばの花は「春の山」ではなく「秋の野」に咲く。この店は近隣だけでなく、全国でおいしいとうわさされている。先日、知人の一人に「有名なマッククス屋はあちこち訪ね歩いたが、あの店がいちばん私の口に合う」と堂々と言われた。同意する。去夏に味わったあの店のマッククス、本当においしかった。  見かけ、盛り付け、特にどうということはない。特別な製麺や薬味を強調するいくつかの店を除き、江原道圏や首都圏の麺料理屋が出すマッククスは、その大半がこのような見かけをしている。まだらのそばに、刻み海苔にゴマにそばの芽まで。味は違う。唇を丸くすぼめてすすると、荒いそばが冷たい出し汁を含んで滑らかに口に入ってくる。喉まですぐに吸い込まれてしまうが、よく噛んで香りを楽しむべきだ。刻み海苔やゴマの香にも邪魔されない出し汁の香りは、さわやかな夏に似ている。ビビングクス(混ぜそば)も良い味付けだ。かなり辛いが、冷たさによってちょうどよく感じられる。冷やして食べることを考えてのことに違いない。小さな氷を少しだけ入れた出し汁を別にくれるので、麺を半分ほど食べてからそれに入れて食べてもよい。  冷麺用の大根キムチと白キムチも出してくれるのだが、これも絶品。冬でもないのに大根の風味が良い。やや酸味のあるキムチが食欲をそそる。冷たい出し汁の中でも自己主張してくる。量は多めだが、しつこくなくさっぱりしているので、サムギョプサルを柔らかく煮たスユク(茹で肉)に添えても良い。香ばしくてカリッとしたピンデットク(緑豆の粉で作るチヂミ)や、辛いキムチが入ったそば煎餅を一緒に味わってもバランスが良い。少なくとも2人で煎餅1皿ぐらいは添えよう。そうすれば腹持ちがいい。  マッククス、煎餅、ビンデットクはみな8000ウォンなので財布にも優しい。出る時に2000ウォン安いそば粉大マンドゥを見つけたら、買って帰りたくなるだろう。そばがそばを呼ぶわけだ。 イ・ウソク(遊びと食の研究所所長) (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

【関連記事】