Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

RX-7「じゃない」アンフィニも! いまや絶滅危惧種の90年代「FFスポーツセダン」4台

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

かつては4ドアセダンにもスポーツグレードが多く用意された

 今となっては懐かしい1990年代は国産スポーツモデルがもっとも輝きを放っていた時代とも言えるのではないだろうか? マツダRX-7やトヨタ・スープラ、日産スカイラインGT-Rのような本格的なスポーツモデルはもちろんだが、普通の4ドアセダンにまでスポーツグレードが多く用意されていた時代だった。今回はそんな90年代に存在していたFFスポーツセダンを振り返ってみたい。 【写真】若者オーナー皆無!キング・オブ・おやじセダン5台

1)トヨタ・コロナEXiV/カリーナED

 90年代のトヨタFFセダンは数多く存在しているが、そのほとんどにスポーティなグレードが用意されていた。かの有名な4A-G型エンジンを搭載したカローラ/スプリンターシリーズはもちろん、90年に登場した4代目ターセル/コルサにもハイメカツインカムの5E-FHE型エンジンが搭載されていたほどだ。  そんなトヨタのFFスポーツセダンのなかでも、やはり印象に残っているのはスタイリッシュな4ドアハードトップとして一世を風靡したコロナEXiV/カリーナEDだろう。93年に登場したST200系は、180馬力を発生する(AT車は170馬力)3S-GE型エンジンを搭載しており、これをベースとした車両がJTCCでも活躍した姿を覚えている人も多いハズ。  余談ではあるが、モデル途中に3S-GE型エンジンにセリカGT-FOURと同様のフルタイム4WDシステム(MT車のみ)を組み合わせたグレードが追加されており、型式はセリカGT-FOURと全く同じ「E-ST205」となっていた(ただしこちらはNAエンジン)。

2)三菱エメロード

 三菱のスポーツセダンと言えば、やはりランサーエボリューションやギャランVR-4といったターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせたモデルが真っ先に思いつく。だが、FFモデルとなるとミラージュやランサーに搭載されていた175馬力を発生する1.6リッターの4G92型エンジンを搭載したグレードが対象となるだろう。  しかし、個人的には92年に登場したエメロードを推したいところだ。デビュー当初は明らかなスポーツグレードは存在していなかったが、94年に登場した「スーパーツーリングR」には、FTOと同じ200馬力(AT車は19馬力)を発生する2リッターV6」エンジンが搭載されていたのだ。  同時期のギャランやエテルナにはターボエンジンの設定もあったが、エメロードはNAエンジンのみ。さらに4WDモデルには200馬力のエンジンは搭載されてなかったので、エメロードスーパーツーリングRは紛れもなくFFスポーツセダンと言えるのではないだろうか。

【関連記事】