Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデス残留のブレーメン、大迫勇也も乗っていたチームバスが襲撃に遭っていた

配信

超WORLDサッカー!

来シーズンもブンデスリーガで戦うことが決まったブレーメンだが、試合後にバスが襲撃されていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 「何度も死んだと言われた」自動降格圏から生き返ったブレーメン指揮官が残留を評価 ブレーメンは6日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグでアウェイに乗みハイデンハイムと対戦。1stレグを0-0で終えていたが、2ndレグは2-2のドローに。アウェイゴール差でブンデスリーガ残留を掴んでいた。 しかし、試合後ハイデンハイムのサポーターが暴動を起こしていたとのこと。スタジアム周辺で暴動が起こり、ブレーメンのバスが襲撃されていたようだ。 『ビルト』によると、スタジアム周りに約150人のハイデンハイムファンが集まっていたとのこと。地元警察は「下り坂を進んでいるブレーメンのチームバスに、石や瓶が投げられた。そしてバスの窓が割れた」と発表していた。 警察はすでに関与している数人を特定。捜査は進行中とのことだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】