Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Tリーグファイナル男子のキーマンは?1位・KM東京と2位・琉球の対決を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

Tリーグセカンドシーズンを終え、プレーオフファイナルに進出するチームが決まった。 男子は木下マイスター東京(以下、KM東京)vs琉球アスティーダ(以下、琉球)、女子は木下アビエル神奈川vs日本生命レッドエルフとなった。 【写真】ファイナルでの活躍が期待される張本智和 新型コロナウイルスの影響により、ファイナルの延期が発表されたが、今回は男子ファイナル進出チームのセカンドシーズン7試合の直接対決を振り返り、注目選手をピックアップしよう。

絶対王者・KM東京、琉球に唯一の負け越しも戦力は充実

ファーストシーズン、張本智和、水谷隼らを抱え、圧倒的な力を見せつけ初代王者に輝いたKM東京は、セカンドシーズンも15勝6敗の好成績を残し1位でファイナルに進出した。 そんな絶対王者は、3位のT.T彩たまには5勝2敗、4位の岡山リベッツには7勝0敗と大きく勝ち越しているのに対し、2位の琉球には唯一3勝4敗と負け越している。 対琉球戦で飛び抜けた成績を残した選手はいなかったためキーマンをあげるのは難しいが、やはり日本選手トップランカーの張本智和、そして大黒柱・水谷隼に注目したい。 張本の今季の琉球戦の成績は、シングルスの1勝1敗。ベテランチョッパー、チュセヒョクに3-0で勝利する一方、台湾で長く活躍するジュアンには2-3で敗戦。2020年3月の世界ランキングは5位とその実力は折り紙付きであり、どの選手と対戦しても勝利が期待される。 ビクトリーマッチ(以下VM)を含めたシングルスの成績は6勝6敗と、今季やや苦しんだ水谷の琉球戦の成績は1勝3敗。チュセヒョク相手に1勝1敗、そして木造勇人、有延大夢と若手二人に苦杯を喫した。 しかし、2020年のワールドツアーでの活躍や、先日の自身のTwitterでの「オリンピックは延期になりましたが最近の自分の仕上がり具合は絶賛上昇中です👍」とのコメントからも、状態は上向きであることが伺える。日本の大黒柱のファイナルでの戦いに注目したい。 他にも、東京五輪シングルス代表の丹羽孝希、Tリーグ前期MVPで今季琉球戦3勝(3敗)の侯英超(ホウエイチョウ)、そして2020年全日本王者にして、田添健汰と組むダブルスでも6勝2敗と大活躍した宇田幸矢など、戦力は飛び抜けて充実している。 琉球相手に3勝4敗と負け越しているとはいえ、選手が普段通りの実力を発揮すれば、セカンドシーズン王者も射程圏内だ。

【関連記事】

最終更新:
Rallys