Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う

配信

motorsport.com 日本版

 6月13日~14日にかけて開催されるバーチャル・ル・マン24時間レースに、世界中のトップドライバーが参戦することが決まった。  新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、9月19~20日に開催が延期されることになった今年のル・マン24時間レース。しかし、本来レースが開催される予定だった6月13~14日にかけて、バーチャルの世界で24時間レースが行なわれることになった。  シミュレータソフト”rFoctor2”を使って争われるこのレースには、LMP2とLM-GTEの2クラス合計で50台がエントリー。それに乗るドライバーラインアップも、実に豪勢なモノとなった。世界中でレースの開催がストップしている今、カテゴリーを問わず、様々なトップドライバーが集まったのだ。  まず現役F1ドライバーからは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がエントリー。さらにF1王者経験者のフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン、インディ500勝者のファン-パブロ・モントーヤとシモン・パジェノーもこれに加わっている。この他、WECレギュラー参戦組のセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、小林可夢偉らも、LMP2クラスながらTOYOTA GAZOO Racingから参戦。同チームには山下健太も加わっている。  彼らを含め、F1、WEC、フォーミュラE、インディカー、FIA F2などから、多数のドライバーが参戦。さらにここにeスポーツのトップレーサーが加わり、オンライン上の激戦に彩りを与える。

【関連記事】