Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高橋真麻「温かい気持ちになりました」仕事復帰後、初のラジオDJ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

フリーアナウンサー・高橋真麻が8月1日、出産を経た仕事復帰後初のラジオパーソナリティを務めた。

ニッポン放送 『 高橋真麻 LOVE MELODY 』8月1日(土)8時30分~10時50分 生放送

8月1日のニッポン放送『LOVE&MELODY』(毎週土曜日 朝8時30分~)のパーソナリティは、フリーアナウンサーの高橋真麻が担当した。 今年5月に第一子を出産、先月7日に仕事復帰を果たしたばかりの高橋。リスナーから「コロナの感染拡大で外に出る機会が減ったので明るくなる曲をかけて欲しい」とのリクエストに対し、高橋は「この3か月ずっとステイホームしていた。子供がいて産後だから家にいなければならなかったが、コロナ自粛疲れというよりは産後疲れ。お母さんたちはこんな大変だったんだ。本当にすごいなと思った」と語った。 今日の番組では母親になった高橋と同じ「子供を持つ母親」からのメールが数多く寄せられたが、同時期に子供を出産したというリスナーからのメールに対して「今は大変だと思うけど、あとでいい思い出になると思うので、今を乗り越えて頑張ってください」とエールを送った。 また、非常に忘れっぽいというエピソードを番組内でいくつも紹介。アートテラー・とに~との美術館トークでは「海外の美術館によく行くんですけど、観た時は「わーっ」と感動するんですけど、帰ってくると1ミリも覚えてないんですよね……」と明かすとともに、夫とのエピソードでは「旦那が怒っているのはなんでだろう? と思ったら、昨夜ケンカしたからだったんだ!」と驚きの話も。

子育ての話からプライベートトークまで

放送前には「天気予報を読めるということで、久しぶりにアナウンサー的な仕事ができることに非常に喜びを感じています! 私の渾身の天気予報をどうぞご期待ください」と話をしていたが、さすがのアナウンス技術で落ち着いて天気予報を伝えていた。 番組は最後、高橋が「一人でしゃべるのは大変だったなと思いましたが、みなさんからのメッセージやリクエストがたくさん来てすごくうれしかったですし、メールを読んでいて温かい気持ちになった。双方向で番組を作ることができるのはうれしいなと思いました」と語り、2時間20分の生放送を終えた。

【関連記事】