Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビリー・アイリッシュ、今年は「試練期」!? 人気占い師の杉浦エイトが今後の運勢を予想

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

『ハーパーズ バザー・オンライン』でよく当たると評判の「運命のタロットカード占い」で活躍中の杉浦エイトが、気になるセレブの運勢をチェック!今回は、第62回グラミー賞にて、史上最年少18歳で主要4部門受賞を含む5冠の快挙を達成し、さらに勢いを増すビリー・アイリッシュにフォーカス。生年月日から算出するマインドナンバーとエレメントを使って、彼女の特性や人生の周期を見てみると、驚くほど当たっているのが分かるはず。 【写真】Z世代を牽引するビリー・アイリッシュについて知っておくべき7つのこと

華やかなオーラを放ち、意識しなくても注目されるタイプ

2020年1月のグラミー賞で、主要4部門全てに史上最年少でノミネートされたビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)。「バギースタイル」と呼ばれるビッグシルエットのファッションは「女性らしさ」を感じさせない現代的なスタイルで、その個性的なファッションやヘアスタイル、体型に対する悪口や批判に対しての言動が注目を集め、楽曲だけじゃなく、そのキャラクターにも熱い視線が向けられています。 彼女は「花」のメッセンジャー。この「花星人」というのはファッションやメイクが注目されたり、多くの人から見てもらうことでさらに自分らしさを磨いていける人なんです。カラフルなヘアスタイルやファッションは特に彼女の大切なキーワード。同じ花星人はマドンナ(Madonna)やリアーナ(Rihanna)、ビヨンセ(Beyonce)。日本人では、カラフルなファッションやメイクにスポットライトが当たって、今では世界に活動の場を広げている渡辺直美さんも同じ花星人。そこにいるだけで目立つ存在だし、周囲の視線が集まりやすい人。だからこそ、マイスタイルを貫くビリーも賛否両論で、世間から注目されていると思います。

スターという地位を確立させた黄金期

またビリーは、自分の考えや知識・経験を伝えるマインドナンバー「4」のメッセンジャーという星を持っているので、曲や詩、小説を書いたり、そんな高い発信力を持っているタイプです。もともと、彼女はストリーミングサービスのサウンドクラウド(Sound Cloud)で楽曲をリリースしたのがきっかけでデビューしていますが、彼女の人生のサイクルを見ていくとそうやってデビューのきっかけになったのが14歳の黄金ゾーンのバランス期。そして彼女にとって13歳から17歳が黄金期になるので、そこから一気にスターダムを駆け上がります。現に彼女も、この黄金期にデビュー作『Don't Smile at Me』をリリースし、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15入り。 24年に1度のチャンス期を目前に、準備を整える思慮期にはApple Musicの新人アーティスト支援プログラムに選ばれています。そして24年に1度のチャンス期には、カリード(Khalid)とコラボレーションした『lovely』をリリースし、Netflix ドラマのサウンドトラックに選ばれています。そして17歳の実力期にはデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアで1位を獲得するなど大きな成功を手に入れています。

【関連記事】