Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

先発10人変更の神戸が9年ぶりに埼スタ白星!浦和は決定機逸が響く《J1》

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

23日、明治安田生命J1リーグ第12節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が埼玉スタジアム2002で行われ、1-2で神戸が勝利を収めた。 【動画】再現不可能!迫力満点のバイシクルシュート Best3 前節はアウェイでガンバ大阪と対戦し、1-3で勝利。前節からは2名を変更し、宇賀神友弥、エヴェルトンに代えて、山中亮輔、柴戸海が起用された。 対する神戸は前節はホームで柏レイソルと対戦し、終了間際のゴールで2-3と敗戦。この試合でアンドレス・イニエスタやトーマス・フェルマーレンが負傷交代すると、浦和戦ではGK飯倉大樹を含むスタメン10名を変更。セルジ・サンペールのみが続けての先発起用となった。 浦和は左サイドに大きく展開。ボックス左から初瀬がクロス。ニアで藤本が潰れると、ファーサイドに飛び込んだ小川が押し込み神戸が先制する。 西川のフィードから関根に渡ると、関根がドリブルを仕掛け、最後はそのままシュート。 槙野の縦パスを武藤がヒールで流しレオナルドへ。そのレオナルドが持ち込みそのままシュート。しかし、GK前川が右足でセーブする。 浦和は33分、ボックス右でFKを得た浦和はゴール前にクロス。これをDFがクリアすると、こぼれ球をトーマス・デンがバウンドに合わせてシュート。ミートした強烈なシュートが右ポストを叩いてネットを揺らし、浦和が同点に追いつく。 神戸は51分にビッグチャンス。初瀬のパスを受けた古橋がボックス手前からシュート。これがDFに当たってコースが変わると、シュートはゴールへ。GK西川が全く反応できない中、シュートは右ポストに嫌われた。 さらに53分には藤本の前線のパスに古橋がフリーで反応。これにボックスを飛び出したGK西川が反応するが、クリアできず古橋と衝突。西川にイエローカードが提示される。 これで得たFKから初瀬が直接ゴールを狙うが、左ポストギリギリのシュートをGK西川セーブし、得点を許さない。 停滞した展開となる中、両チームは57分にそれぞれ3枚替えを敢行。浦和は武藤、青木、長澤に代えて興梠、エヴェルトン、汰木を起用、神戸は藤本、セルジ・サンペール、佐々木に代えて、ドウグラス、大﨑、山口を起用した。 すると63分に浦和がビッグチャンス。バックパスを受けたGK前川のパスをボックス内でレオナルドがカット。無人のゴールを前にしたものの、途中投入の大﨑が素早く対応しシュートを打たせず。最後はマイナスのボールをエヴェルトンがシュートするが、枠を外れる。 67分にはレオナルドのパスを走り込んだ興梠がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これは枠の右に外れる。 飲水タイムを挟んだ直後に浦和がビッグチャンス。GK西川からのフィードが抜けると、興梠が独走。GKと一対一となるが前川がセーブ。こぼれ球を汰木が無人のゴールへシュートも、戻った菊池がクリアする。 すると82分、神戸は左CKのチャンス。安井がクロスを入れると、相手のクリアボールをボックス手前で山口がダイレクトミドル。これがブロックに入ったトーマス・デンに当たってコースが変わり、神戸が勝ち越しに成功する。 85分にも神戸が決定機。左サイドを崩すと、マイナスのボールを小田がボックス内からコースを狙ってシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われる。 追いつきたい浦和は90分、中央をパスをつないで崩すと、最後はエヴェルトンがボックス手前からシュート。巻いたボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。 その後も浦和が攻め立てる展開が続くが、神戸が身体を張って死守。そのまま試合が終了し、神戸が4試合ぶり、そして9年ぶりに埼玉スタジアムで勝利。5試合連続ゴール中の浦和FWレオナルドも無得点に終わった。 浦和レッズ 1-2 ヴィッセル神戸 【浦和】 トーマス・デン(前33) 【神戸】 小川慶治朗(前15) 山口蛍(後37)

超WORLDサッカー!

【関連記事】