Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<アンサング・シンデレラ>石原さとみ主演作、「泣ける」理由は患者への「フォーカス」 “薬剤師ドラマ”だから描けた“その後の日常”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 日本の連続ドラマで初めて病院薬剤師を主人公にした、女優の石原さとみさん主演の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)。石原さん演じる病院薬剤師の葵みどり(石原さん)が、患者一人一人に真摯(しんし)に向き合い、奮闘する姿を描く物語で、SNSでは「毎回、泣ける!」「今日も涙腺が…」と反響を呼んでいる。最終回の放送を前に、ドラマの野田悠介プロデューサーに、制作のいきさつやドラマに込めた思いを聞いた。 【写真特集】石原さとみ、写真集で“完全すっぴん”ショット グラマーボディー!

 ◇窓口の奥の世界を「知ってもらいたい」

 野田さんは、これまで「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「グッド・ドクター」「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」といった数々の人気医療ドラマの演出を担当し、今回が初のプロデュース作となる。

 

 原作は、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。原作を読んだ野田さんはこれまで、ドラマで薬剤師をメインで描いている作品を「見たことがなかった」ことに気付き、患者に薬を渡す窓口の奥の世界を知ってもらいたいという思いで「縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)」の“薬のプロフェッショナル”たちを題材としたドラマ化の制作に動き出した。

 しかし、薬剤師の主戦場は、いわゆる医療ドラマでいうダイナミックなオペシーンがある手術室などではなく、調剤室だ。ドラマ化するにあたり、野田さんは「オペシーンに代わるものは何なのか」と考えた末、調剤室で「薬をスピーディーにさばくかっこよさ」、薬剤師が患者と深く接触する「服薬指導」で「患者一人一人との接し方を丁寧に描けば、ドラマチックになるのではないかと思いました」と話し、「指摘されないとついついやってしまう服薬ミスだったり、患者さんの生活背景を含めて指導することをドラマの主軸にしました」と力を込めた。

【関連記事】