Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

差別体験授業、日本でも行われていた。教室に流れる不穏な空気

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハフポスト日本版

平均年齢71.4歳、全員男性ーー。  総裁選を経て、9月15日に自民党の役員人事が決まった。総裁と幹事長、総務会長、政調会長、選対委員長の4役が記者会見したが、平均年齢が高いこと、全員男性であることは多くの人の目を引いた。 男女格差の大きさを示すジェンダーギャップ指数(2019年発表)は、日本は世界153カ国のうち121位。それを体現したかのようだった。 そんな中、知ってほしい授業がある。日本でこの8月に行われた「差別体験授業」だ。

「リボンあり」と「リボンなし」

「リボンありはもっと元気よく」 「リボンのあるお友だちの作品は1個100円、リボンのないお友だちのは1個50円」 埼玉県越谷市にある大袋小学校。子どもたちがいつもより短い夏休みに入った8月、越谷市教育委員会による教職員向けの「人権教育研修会」が開かれた。 講師は各校が決め、この日担当する川村学園女子大学教育学部教授の内海崎貴子さんが行うのが「差別体験授業」だ。30人ほどの教職員らが参加した。 まず初めに、「これは、子どもの人権について考えるためのワークショップです」などと前置き。内海崎さんが担任の教師、参加者は小学4年生役をすると説明し、「体験の間は、4年生ならこんなことを言うかな、と考えながら発言してみてください」と呼びかけて授業が始まった。 まずは参加者がペアになってジャンケンをする。勝った人は手首など目立つ所に赤いリボンを付けて教室の前方に、負けた人は後方に着席するよう指示を出された。 「クラス委員長を決めましょう。委員長はリーダーシップがある人じゃないとね。そういうのは、リボンのあるお友だちの仕事だと思う」 「リボンありはもっと元気よく返事をして」 「リボンなしはもっと可愛く」 内海崎さんは、どんどん授業を進めていく。「リボンあり」「リボンなし」という言葉が目立つ。指摘される参加者はその有無を言わさない強い言葉に笑いつつ、その通りに動いていく。 次に、質問用紙が渡された。好きな色や教科、遊び、将来の夢を尋ねるものだ。 記入後、まずは「リボンあり」の参加者に好きな色を尋ねる。「青」という答えに「やっぱりリボンありは青だよね」、「ピンク」と答えると、「リボンありはピンクダメだよね。ピンクはリボンなしのお友だちの色ですよ。あなたは黒ね」。 逆に「リボンなし」の参加者が「ピンク」と答えると「そうよね、リボンなしはピンクよね」。 こうしたやりとりが何度も繰り返されるうちに、だんだん教室の中で参加者同士が耳打ちし合うようになる。例えば「リボンなし」は「青はダメって言われるよ、変えた方がいいんじゃない?」と指摘し合い回答を変えるのだ。そして内海崎さんに指されると「ピンクです」と答え、褒められる。 そう。これは男女差別、性別による決めつけを体験する授業だ。

【関連記事】