Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

見つけたら「買い」!! マツダ渾身の人気高級SUV CX-8 中古車事情に動きあり

配信

ベストカーWeb

    車種ラインアップからファミリーカーの定番となっているミニバンを廃止するいっぽうで、3列シートSUVブームを巻き起こしたマツダ。そのブームの火付け役となったのが、2017年12月に販売開始された「CX-8」だ。 【写真ギャラリー】3列目の実用性は!? ファミリーユースだから気になるCX-8の詳細をチェック!!   「CX-5」のボディを延長して3列シートをレイアウトしたモデルと思われがちだが、それは誤り。北米市場に投入されている上級モデルの「CX-9」を日本市場に合わせてボディをナロー化そして補強を加えているゴージャスな仕様なのである。   今回は登場から約2年半が経過した、3列シートSUVのヒットモデル「CX-8」の最新中古車事情に迫る。 文/萩原文博 写真/MAZDA、編集部

■頻繁にアップデート 特別仕様車も多数発売

    CX-8に限らず、マツダ車は年次改良と言って毎年車両を進化さえているのが特徴だ。しかし、頻繁にアップデートされるため新車の買い時が難しくなるだけでなく、中古車相場の値落ちは大きくなるという副作用もある。   CX-8も2017年12月に登場して以降、2018年6月に従来の6人乗り仕様に加えて、7人乗りの本革シート仕様を設定。そして2018年10月には、当初、2.2L直列4気筒ディーゼルターボだけだったが、2.5L直列4気筒自然吸気そして2.5L直列4気筒ターボを追加。また、ディーゼルエンジン搭載車の駆動方式を4WDのみにするなどラインナップの拡充が行われている。   さらに、2019年1月に一部改良を行い、4WD車に悪路からのダッシュをスムーズに行う、オフロード・トラクション・アシストを採用。センターディスプレイのサイズが7インチから8インチへ拡大。駆動方式では2.5L自然吸気車に4WD、2.5Lターボ車に2WD車を追加するいっぽうで、ディーゼル車のエントリーグレードであるXDを廃止した。   このように改良が加えられるのと同時に、2019年10月には、「25T」と「XD」に「エクスクルーシブモッズ」という特別仕様車を設定。2020年4月には「100周年記念車」、5月には「スマートエディション」と立て続けに特別設定が設定されたばかりだ。それでは、CX-8の中古車相場の状況を見てみよう。

【関連記事】