Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルクア大阪初のアウトドアゾーン開業 おうちキャンプから本格派まで

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

JR西日本SC開発は、JR大阪駅直結のファッションビル「ルクアイーレ」6階に初のアウトドアゾーン「ルクア アウトドア フロム アルビ」を18日に開業した。JR大阪駅の改良工事に伴い、8月30日に閉館した高架下の商業施設「アウトドアのアルビ」の売り場を引き継ぐもので、8店舗が移転し、約1560平方メートルに計10ブランドが出店する。 【画像】ルクア大阪初のアウトドアゾーン開業 おうちキャンプから本格派まで

企画部担当部長の福本一成氏は開発の狙いについて「JR大阪駅ビルのアウトドアゾーンはギャレ大阪から始まり、30年の歴史がある。アルビ時代からのアウトドア愛好者に加えて、アウトドアにはなじみのなかった人もマイペースで楽しめる売り場を提案していきたい。これからアウトドアにチャレンジしたいファミリー層や生活の一部としてアウトドアを取り入れたい人も新たなターゲットと考えている」と話す。

注目はアルビから移転してきたキャンプ用品ブランド「スノーピーク(SNOW PEAK)」と釣り道具メーカーのティムコが展開するアウトドアウェアブランド「フォックスファイヤー(FOX FIRE)」とのコラボショップ。両社は2019年4月に資本業務提携契約を締結しており、提携後初の直営コラボショップとなる。キャンプフィッシングをコンセプトに、「スノーピーク」のアウトドア用品とウエア、「フォックスファイヤー」のアウトドアウェアを中心に展開する。店舗中央ゾーンには、キャンプフィッシングシーンを演出。釣りの初心者向けに両社で共同開発したエントリーパック(税込4万4000円)も販売する。「キャンプと釣りを融合した専門店は珍しいと思う。フライフィッシングは釣りの中でもハードルが高いイメージがあるが、キャンプと合わせて提案することでファンを増やし、キャンプ市場の裾野も広げていきたい」と同店の雨森良太店長は話す。

新規導入したブランドは、米ポートランド発のアウトドアブーツブランド「ダナー(DANNER)」と、焚き火用ギアに特化した広島発のブランド「野良道具製作所」の2ブランド。「ダナー」は2012年にエービーシーマートが子会社化し、大手セレクトショップでも展開してきたが、初の直営店での出店となる。

【関連記事】