Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・近本“復活”へ…掛布氏「2番打者のリズムに慣れなかったのでは」 1番に戻り3打数3安打

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

4日、阪神タイガースのレジェンド・掛布雅之さんが、カンテレの『こやぶるSPORTS』に生出演。  3日の試合まで打撃不振が続いていた阪神の近本光司選手について、「2番のリズムに慣れなかったのでは」として、打順も一因だったのではないかとの見立てを披露しました。  番組で掛布さんは、近本選手の打撃フォームについて「まだちょっと左腕がかぶるのが早いです。左投げ左打ちなので左腕で打ちに行くのは分かりますが、右方向の打球が多すぎます」と指摘。左中間方向へいい打球が飛ぶようになれば、去年の様な活躍ができるのではないかと予想しました。  また、近本選手にとっての“打順の重要性”についてもあわせて触れ、「1番打者は自分がゲームを動かす役割。一方、2番打者だと1番の結果を見てから役割が分かります。その2番のワンテンポ遅れるリズムに慣れなかったんじゃないか」と話しました。  その掛布さんの分析が的中したのか、4日の広島戦で1番に戻った近本選手は、3打数3安打3打点の大活躍で勝利に貢献。今後の復調に期待が高まります。 (関西テレビ7月4日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)