Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でのキャッシュレス決済の利用率とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia ビジネスオンライン

 買い物時の接触が減ることから、コロナ禍で浸透しつつあるとされるキャッシュレス決済。リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)が消費者に調査したところ、特にスマホアプリによるQRコードやICカードの電子マネーの利用者がそれぞれ約3割程度に達した。ここ半年で利用頻度も増加してきているようだ。 【グラフ】決済方法ランキング

QRコード、ICカード電子マネーは各約3割に

 調査はクロス・マーケティングが8月1日~2日にかけて、日常生活で買い物をすることのある全国の18歳~69歳の男女2000人にネット上で実施した。  まず「買い物時に使用する決済方法(複数回答可)」について質問したところ、「現金」(84%)と「クレジットカード」(70%)が上位に。次いで「スマホアプリでのQRコード」が33%、「ICカードの電子マネー」も31%に達した。  さらに、各決済方法のユーザーに対して「ここ半年でのその支払い方法の頻度の変化」についても聞いた。「スマホアプリでのQRコード」ユーザーでは66%、「スマホのICカードの電子マネー」でも51%が「利用は増加した」と回答した。コロナ禍においてこうした新しいキャッシュレスサービスは浸透する傾向にあるようだ。

最多は「ポイント還元でお得」

 一方で、QRコード決済の利用者に「この決済方法を使い始めた理由」についても質問した(複数回答可)。「新型コロナ感染問題で現金の受け渡しが不安」との回答はわずか10%で、最多となったのは「ポイント還元などでお得になったから」で56%。次いで「大々的にキャンペーンを始めたから」が33%となった。  消費者はやはり、感染対策よりもポイントなどのインセンティブで利用しているケースが多いようだ。

ITmedia ビジネスオンライン

【関連記事】