Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中古車市場でリセール最強を証明する「下取り時に値崩れしにくい」新車10選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

コロナ禍で先が読めないニッポン経済。いざというときに高値で売れる資産価値の高い車は魅力的だ。夏のボーナス商戦で狙うならどれだ!? ジャーナリストの渡辺陽一郎が解説! 【写真】値崩れしにくい新車10選 ■ランクルのリセールがマジでハンパねぇ! ――いよいよ夏のボーナス商戦本番ですが、今年はどんな感じですか? 渡辺 最近はクルマの売れ行きが鈍いため、時期を問わず限界に近い値引きで売っていますが、特に今年は3月の決算フェアが終わった直後の4月7日に、政府が史上初の緊急事態宣言を発令。 国内の新車の売れ行きも鈍り、4月の対前年比は29%、5月は45%、6月は23%のマイナスとなりました。この状態で値引きを抑えるのは難しく、販売店によっては「3月決算フェアがずっと続いている状態です」と話しています。 ――ということは、今年の夏はお買い得であると? 渡辺 しかし、近年の新車の売れ筋は軽自動車やコンパクトカーです。この手のクルマは販売店の受け取る1台当たりの粗利がとても少ない。販売店は「メーカーの支給する販売奨励金も昔に比べて大幅に減っているし、特別な場合以外は支給されないこともある」とボヤいています。 ――売れ筋の軽自動車やコンパクトカーから好条件を引き出すのは難しいと。なんかお得な買い方はありません? 渡辺 実はコロナ禍で中古車市場は大荒れなんですが、そこでコロナに負けず値崩れしない、数年後にも高値で売却できるリセールバリューの優れた車種を選ぶという発想の転換はどうでしょう? ――というと? 渡辺 コロナ禍で経済も雇用も先が読めません。だから、いざというときに高値で売れる、資産価値の高いクルマを持つのも賢い選択かなと。

――売却時を見据えろと。 渡辺 もちろん、新車購入で大切なのは自分の用途/好み/予算に合った車種やカラーを選ぶことですが、迷ったときはリセールバリューを考慮すると経済的です。購入して10年以上使うと差もつきにくいのですが、5年以内に次のクルマに乗り替えるなら、リセールバリューの良しあしで実は次の購入時の支払いに大きな差が出るんです。 ――ほう! 渡辺 大手買い取り店などに聞いたらリセールバリューが最も高い車種はランドクルーザーでした。今年フルモデルチェンジするウワサもありますが、「現時点(7月上旬)で、3年落ちなら新車価格の70%前後で買い取ります」と言っていました。 ――ちなみに普通のクルマの買い取り価格というのは? 渡辺 クルマによっても違いますが、平均すると40~50%。で、試しにトヨタの販売会社でランドクルーザーの残価設定ローンの見積りを取ったら3年後の残価率(将来の下取り価格)は65%でした。 ――残価設定ローンは総額から残価を差し引いた金額でローンを組む方法ですね? 渡辺 そのとおり。残価率は販売会社によって多少異なりますし、販売会社が損をしないように若干控えめな比率にしてあります。 ――なるほど。 渡辺 その残価率が65%なら大手買い取り店の場合、70%もありえる。ランドクルーザーZXの価格は約700万円なので、3年後の残価率が70%なら490万円で売却できます。 ――なぜランクルは残価率が高い? 渡辺 買い取り店いわく、「ランクルはもともと販売台数が少ない(昨年の月平均は約220台)。その割に中古車を求めるお客さまが多い。しかもランクルは悪路に強く、海外でも人気が高いため中古車輸出も活発です。その結果、中古車市場の流通台数に比べて需要が多く国内と海外で争奪戦が起きている。ゆえにお客さまが売却するときの金額が高まる」そうです。

【関連記事】