Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全豪OP準Vムグルサと全米OP準Vアザレンカの一戦はムグルサが勝利、ローマ4強に進出<女子テニス>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

BNLイタリア国際

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)は18日、シングルス3回戦が行われ、第9シードのG・ムグルサ(スペイン)が世界ランク14位のV・アザレンカ(ベラルーシ)を3-6, 6-3, 6-4の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。 【ムグルサ 来季から新チーム】 今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準優勝者であるムグルサと全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の準優勝者であるアザレンカが対戦したこの試合、ムグルサは第1セットを落としたものの、第2・ファイナルセットでは合計7度のブレークに成功するなど、アザレンカを圧倒。2時間19分で4強入りを決めた。 女子プロテニス協会のWTA公式サイトには勝利したムグルサのコメントが掲載されている。 「タフな試合になることは分かっていたけど、本当にタフな試合だった。彼女(アザレンカ)は良い選手だし、今は良いプレーをしている。自信を持っているように感じた。第1セットは落としてしまったけど、チャンスが来た時、私は正しい場所にいてこれを活かすことができた。正しいショットが打てたし、アグレッシブにプレーできたから良かったと思う」 決勝進出をかけて、26歳のムグルサは第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは準々決勝で世界ランク30位のY・プチンセワ(カザフスタン)と顔を合わせたが、第2セット途中でプチンセワが棄権したため、6-2, 2-0の時点で勝利を決め、準決勝に駒を進めた。 ムグルサは準決勝について「彼女(ハレプ)は良いプレーをしているわ。彼女は良いクレーコートプレーヤー。どのサーフェスでもそうだけど、クレーコートでもとても良い。これからはすべての試合が戦いになるけど、次の戦いを楽しみにしている。特に今最高のプレーヤーと対戦しているんだから。ワクワクしている。この一戦に参加できることに興奮している」と話した。 同日には第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第12シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)が4強へ駒を進めている。

【関連記事】